SSブログ
障害者を取り巻く環境 ブログトップ
前の3件 | -

子供の幸せ 家族の幸せ [障害者を取り巻く環境]

51.jpg

私は生まれる前から犬がいる家で育ち、犬と一緒に大きくなった。
家族の中でも犬の扱いが上手いと言われ、漠然と獣医になりたいと思ったが、獣医になりたいのでは
無く、本当は犬と遊んで暮らしたかっただけなんだね。






動物王国が人気番組になり、畑正憲がうんちくを垂れていたが、ウソこけと思ってた。






そしたら、最近有料チャンネルにシーザーと言う犬の専門家が出てきた。これは驚いた。本当に凄い。
犬に関しては、この人の話を聞いておけば間違い無い。世の中シーザーみたいな人間が居るんだ。
世界は広い。






自閉症の話だってそうだ。誰かシーザーみたいな凄い人がいれば、何の文句も無い。それどころか、
教えを請いたい。色んな事を聞いてみたい。






何も好き好んでこんな事をブログで書いている訳じゃ無い。






世の中デタラメの自閉症話、デタラメの発達障害話ばかりで、専門家でもまともな事を書いている人が
何処にも居ない。(マスコミに出ている人達ね)
なんたって事実を教えてくれと言ったら訴えるんだからね。






ネット情報は、元文献はまともでも、その食いかじりの孫引き情報ばかり。そうでなければ金儲けの
前振り情報。こんな異常な状態、ガセネタばかりなら、情報が無かった昔の方が余程いい






世話をするのがゲラン夫人の様に誠実でさえあれば、情報の無い19世紀でもヴィクトールの様に、
きちんと大人になるんだ。200年も前にもう証明されてるのに、誰も言わないだろ?






みんな子供をどうしたいんだ?自閉症では飽き足らず、飛躍的進歩を遂げさせ、有名人にして
儲けようって言うのか?






子供が幸せになればいいんじゃないか?






床を見て一生懸命指でほじっているのが好きならそれでいいじゃない。おじいさんになるまで
ほじらせてやれよ。






子供に金銭的見返りを望んでいるのか?それだけは諦めるしか無い。






あとはその中で家族の幸せを求めるしかないな。






幸せは物質や金銭じゃ無いよ。「幸せ」を知る事が出来れば幸せになれるんだ。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

農業の育成実験と療育の違い [障害者を取り巻く環境]

IMGP3993.JPG

最近、私の愛読書は農文協の現代農業だ。農業はすべての科学の集大成とも言える分野で、学位を
持たなくても、実際により収穫を、より味を良くした者勝ちだ。






その誇れる果実を受け取るには、たゆまぬ研究と実験、さらにそこに経営と言う要素まで絡んでくる
奥の深い事業だ。作物の事だけを考えるなら、同じ苗を違う条件環境で育て、最も適切な生育環境を
導き出せば良いのだ。






それに比べると、教育で食っている学者や、療育商売に励んでいる連中は本当に楽天家だ。






なんたって同じ子供は絶対二人といない。だから、療育を施して良くなりましたと宣伝に使えるし、
療育を施していないから全然進歩していません、とも宣伝できる。






療育を施さなかったから伸び伸びのんびり育ったと証明出来ないし、もしあの時療育を施して
おいたら、今頃普通に学校に通えた、とも証明出来ない。療育が子供に対してどんな結果をもたらすか
は誰にも分からないのだ。






親としては、それは分かってる。分かってるけど不安だからやっぱり療育に賭けてみる。って所かな。






自閉症では無い知恵遅れの子に療育という刺激を与え続け、一時的にストレスを感じても、彼らには
忘れる能力がある。忘れるって言うのは、人間にとって最も重要な能力なんだ。痛みだって忘れるから
痛くなくなる。






しかし、自閉症児は忘れる能力を持たない障害なんだな。療育による刺激が、良く作用すれば結構
だが、万が一悪く作用したらどうなるか。リペンタントママの所のカナー君の様になってしまう。






それこそが賭け、ギャンブルだ。






では、全く療育を施さなかったらどうなるか。2000年より前は療育なんてなかったし(注:雨後の筍
の様に大量発生した療育商売)19世紀のアヴェロンの野生児ヴィクトールの例もある。

IMGP6238.JPG

概略はこうだ。






19世紀1800年フランスの森の中で裸同然で暮らしている子供が捕まった。12-3才と言われている。
5年前にも目撃例があり近くの住民の話を総合すると、4-5才の時に捨てられたのでは無いかと言う。
今で言うカナー型の子供で、捕まったときは言葉もしゃべらず激しく抵抗した。






盲学校で引き取り育てる事になり、そこの管理人のゲラン夫妻に世話をされた。2度目に逃げ出した頃、
ヴィクトールが世話を受けて3-4年16-7才の頃か。その時のエピソードを読んでみて欲しい。






同じ頃、ゲラン夫人の主人が病気になり、校外で診察を受ける事になりましたが、ヴィクトールは
それを知らされませんでした。






彼は自分の手伝い仕事の一つとして、夕食時になると食卓の用意をすることになっていましたので、
ゲラン氏の分も相変わらず置き続けました。毎日その分は片付けられましたが、
翌日になると、きまって彼はまた並べるのです。






病状が悪化し、ゲラン氏は病没されました。氏が亡くなった当日も、氏の食器が食卓に置かれました。
そうしたことが、ゲラン夫人にどれほど胸が張り裂ける思いをさせたか、{私には}手にとるように
わかります。






この悲痛な場面を目撃して、ヴィクトールは、その原因が自分にあることを悟りました。






自分のおこないがまずかったと考えただけなのか、夫人の絶望の動機まで見抜いて自分のしたことが
どれほど無駄で場ちがいものかを悟ったのか、とにかく彼は自分から食器を片付け、悲しそうに
それを戸棚にしまい込み、二度と再び並べはしませんでした。






本当の自閉症の子供を知っている人なら、今カナー型の子供と一緒に生活している人が、この一文を
読んで何を感じるか






この本を読んだ事もあろう療育関係者からは、こんな一文がある、とか、こんな凄い話があるとか、
一度も見た事も聞いた事も無い。






私ならゲラン夫人の様に愛情を持って注意深く事故に遭わない様に育てる事に専念する。19世紀の
ヴィクトールでさえ、数年でこんなに成長したのだ。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

療育 の嘘 [障害者を取り巻く環境]

51zm6q79ceL.jpgアマゾン販売ページより抜粋

ブログに自閉症の事を書くと、その文言をサーチし「発達障害に効果抜群」とか「早期発見早期療育」
とか、広告がバンバン出てくる。






そもそも療育自体がバカバカしいモノが殆どだから、一切その手の物は見ないが、療育商売が突然
始まった2000年の頃は、ネット上のコミュニティーでは療育療育と内容には一切触れずに、あたかも
療育と名が付けばすべて解決する様な話で持ちきりだった。






やはり此所でも出てくるのは、創価学会を母体とすると思われるグループ。

アスペの館では「こんな所に思い当たればアスペルガー」と思い込ませる記述が花盛り。
運営者の村上真雄は、当初当事者では無かった物が、やがて当事者になった。妻の村上由美も同様
だったのが、いつの間にか当事者になった。勿論三つ組の障害なんて超越している存在だ。






村上由美は親の療育を受けたお陰で、自閉症が治ったそうだ。凄い効果だ。直ぐに、療育の民間資格を
与える私塾が出来上がり、講師は村上由美だ。その私塾で受講料を払い続けるとそこで作った資格を
貰え、今度は有資格者として顔写真入りでホームページ上で紹介される。有資格者になったら、仕事を
斡旋して貰えるらしいと言う事だが、本当に仕事があるのか、実際に有資格者になって仕事を得た人が
居るのかは知らない。






ここで良く分からない話がある。もし、村上由美が療育で自閉症が治ったなら、その療育を編み出した
のは「村上由美の母親」であり、そのノウハウはすべて村上由美の母親にある筈だ。なんで、わざわざ
元自閉症で直った人に習わなきゃならないんだ。






まあ、その頃は自閉症を偽って演じるニキリンコが居たり、アスペルガー症候群だと自称する
泉流星が居たりしたから、ナンでも有りなのかな。ちなみに、このニキリンコと泉流星は障害の出方が
違うのに、顔が同じ。顔のほくろが同じ所にあるんだ。 面白いだろう。

DSCF0002.jpg02.jpg
nikimoto2.JPGizumi33.jpg

元自閉症の村上由美と自称自閉症の村上真雄は、数多くのお仲間に支えられ支持されている事から、
自閉症の夫婦、当事者として東京都が障害児教育に携わる教員300人を集めた講演会で、講演をする事
になった。






私は、彼らが日々変容し結果当事者になって行く様を見ていたから、東京都の保健福祉課に診断の有無
を事前に調べた方が良いのでは無いかと提言しておいた。しかし、無視。








当日、私達夫婦と別の当事者もその講演会に参加した。






村上由美が当事者として紹介されたので、私は席上から「診断を受けたのですか?」と問うと、答え
ようとしない。何度も問い詰めた所ついに村上真雄が「私も妻も診断を受けていません」と白状した。






それを受けて、都の担当者は「勘違いがあった」と認めたが、ニセモノの口から出任せを聞いても
ナンの役にも立たない。担当者は「待って下さい」と引き留めようとしたが私達は早々に引き上げた。






バカげた講演会は、そのまま行われ散会したそうだ。

私は、知りたい事の裏付けが取れたので、ある程度目的を達したが、その後、アスペの館に個人情報を
書き込んでいた、一緒に行動した当事者は、個人情報を晒され笑いものにされた。






まあそんな子供じみた事が許されるのが、バカ相手だからナンでも出来ると思われている障害者を
取り巻く世界なんだ。






それ以外にも、療育と名を付ければナンでも有りだが、その例がこちら。学研の療育ガイドブックにも
取り上げられるぐらい、一生懸命療育計画に則って療育したら、ついに自殺未遂を起こし、特別支援校
にも通えなくなってしまった子供の実体験がこの手紙に克明に書かれている。






療育関係者の発言、記述をキチンと読んでみれば良く分かる。






自閉症、発達障害の子供はこういう特徴があります。だから、こうすれば○○が上手く出来ます。
こうすれば、××××の時適切な行動が出来ます。ああすれば、この子は○○行動が出来る様になります。






結局、言われた通りすれば、「正常な人」と同じ行動が取れますよ、と強調しているだけ。






そして自閉症、発達障害は個性です






「正常な人」の行動をしろと言うのか。「個性」としてそのままでいて良いと言うのか。

療育商売の連中は商売の事しか考えていないから、根源的な哲学については全く考えない。
だから、自己の発言に強い矛盾が潜んでいる事に全く気付かないでいられる。最高に脳天気で、
幸せな連中だ。






不思議な謎のニキリンコパート2の人 私の知る上記村上由美とうりふたつ(裁判資料より抜粋)

otu1213 (2)-2.jpg51zm6q79ceL-2.jpg

このグループの人達の周りでは本当に不思議な事だらけ。ニキリンコと泉流星(ズラ)はうり二つ。
ニキリンコ(ハゲでズラ)とニキリンコパート2は同姓同名だけどどう見ても別人。
しかし、ニキリンコパート2と村上由美はうり二つ。

ところが、関係者に問い合わせると、ニキリンコは泉流星とは似ても似つかない別人だと言うし、
ハゲでズラのニキリンコとニキリンコパート2は同一人物として扱う。

瞬間的に毛が生える毛生え薬でも使ってるのかな。その薬を売り出した方が儲かるだろう。不思議だ。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション
前の3件 | - 障害者を取り巻く環境 ブログトップ

発達障害ランキング
にほんブログ村