SSブログ

お読み下さる皆様へ

元々は、都通研で行い好評を博したアクティヴィティでした。
例のスラップ訴訟によって中断を余儀なくされていたものを、ここに復活(復刻)します。

事実と異なる記述に気付かれた方は、安易に法的手段に頼らずコメント欄にてご連絡下さい。
論理の整合性さえあれば話せば必ず分かります。そしてすぐに対応致します。

※注 3度の裁判で些細な訂正削除を数多く求められましたが
   創価学会、創価学会グループに関する記述訂正削除一切求められていません。

 発達障害グレーゾーンはこちらへ
前の4件 | -

自閉症と正常の境 海外論文 [重要図書]

IMGP6237.JPG

「自閉症の心の世界」   星和書店
 フランチェスカ・ハッペ





日本では専門医以外の医者、例えば小児科医であったり
他の科目の医者が、
「自閉症スペクトラムが普通の人に繋がっている」と
明らかな誤解をしている例が見受けられますが、
英国でも研究者として同じ悩みがある様です。

Scan0054.jpg

ハッペは、ここで
自閉症」は正常な連続体の一端位置していない
ハッキリ明示しています。







日本では専門家で(他にもいるかも知れませんが)、
日本の杉山登志朗医師と辻井教授だけが、
自閉症グレーゾーンが存在すると主張しています。



数少ない情報の中から、その根拠らしきモノを見出すなら、
この文章が見つかります。
LORNA1.jpg
ウイングの本の250ページ。
ただこの文章は英国流の言い回しがあり、分かりにくい日本語なのでくせ者です。
Scan0007-2.jpg

下記引用----------
     p250 正常との境

     自閉性障害として特徴づけられる特性の多くは、
     生活のあらゆる面で間題なく過ごしている人にも
     わずかながらみられることがあります。

     ほとんどの人はそのパーソナリティのなかに、
     自閉的行動となんらかの共通性をもつ側面が、
     一つないしそれ以上
     見られるものです。

     アスペルガーが指摘しているように、ある程度の自閉性は、
     芸術や科学の領域においては有利となります。
上記引用----------


1.自閉性が見られる人でも、問題無く生活している人がいる。
  かつての私がそうでしたが、残念ながら経済的成功に至らず、
  満足出来る生活環境を整えるまでには行きませんでした。
  しかし、私たちの仲間には、経済的成功者が存在し、
  生涯を全うできる人もいます。






下記引用----------
     自閉性障害をもつ能力の高い人と、
     正常だがちょと変わった人との間には、 明確な境界線は存在しません
     診断の問題の論議のなかで、
     どこに線を引くべきかということがしばしば討議されます。
     診断を下すことによって、だれかを傷つけたり、
     以前になかった問題を引き起こす危険性はないのでしょうか。
     この問いは、実践上のジレンマではなく理論上のジレンマです。
上記引用----------


2.現在自閉性障害の明確な境界線を設けていない。それは理論上のジレンマがあるからだ。
  理論上のジレンマとはどの様な事でしょう。

  自閉症か否かは既に「心の理論」等で定義されている。
  しかし、問題無く生活している人まで含め強制的に判定する事に
  繋がらないか。
  判定した事で、かつてのユダヤの様に排除の対象になったり、
  判定された事で、例えば社会制度上で逆差別の対象にならないか。
  これらの可能性を考えると、理論上のジレンマが生じる。  と言う事です。






下記引用----------
     臨床においては
     自閉性障害の診断をする最も重要な理由は、
     個々の問題が幼年期から成人期までの発達上の難問を
     引き起こすからですし、
     また親たちや自閉性障害をもつ人自身がしばしば助けを必要としているからです。

     そうした場合、診断を下すためには、
     その診断によってどのような助言が得られるかを検討するのが適切です。

     よく対処している人は、たとえ自閉的特徴をたくさん
     もっていたとしても、診断を受けに行くよう紹介されたり、
     自分からすすんで診断を受けたりはしません。

     彼らにそうすべきだと助言することは、
     不当な干渉です。

     自分が自閉性障害をもつことに気づいており、
     そして相互に連絡を取りあっている非常に能力の高い人の
     グループは、いろいろな刊行物のなかで、自分たちの考え方や
     その世界の経験のしかたは、自分たちにとって正当なもので
     あること、そしてたとえ治療が可能だとしても、
     自分たちはそれを望んでいないことを強く主張しています。

     しかし自閉性障害だと気づいている人がすべて、
     必ずしもこのように感じているわけではなく、
     たとえ表面的にうまく対処していても助けを求めています。
     ひとりひとりの感じ方や願望は、尊重すべきです。
上記引用----------


3.ひとりひとりの感じ方や願望は、尊重すべきである。







「正常との境」 ウイングの言わんとする結論はこうです。

1.自閉性が見られる人でも、問題無く生活している人がいる。

2.現在自閉性障害の明確な境界線を設けていない。
  それは理論上のジレンマがあるからだ。

3.ひとりひとりの感じ方や願望は、尊重すべきである。






走り読みをすれば何となく変な人と自閉症の間が
ずっと続いている様に感じるかも知れませんが、
よく読み込むと、自閉症のグレーゾーンが存在するなどとは
一切書いていない事が分かると思います。




ではもう一度この部分をよく読んで見て下さい。
クリックすれば大きくなります。          
Scan0007.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

自閉症と正常の境 ウイングの記述 [ローナ・ウイング]

2022年4月5日更新
世界中でふたり(他にもいるかも知れませんが)、
日本の杉山登志朗医師と辻井教授だけが、
自閉症グレーゾーンが存在すると主張しています。
フリス、ウイング、バロンコーエンやハッペ
判定基準を準拠していると言いながらです。





マスコミ(NHK)やネットではしきりと主張していて、
同じ主張はしょっちゅうネットで見掛けます。
しかし、残念ながらその根拠となる論文、データ等一切見つけられ無い
のですが、ヘタに「その根拠は」などと問おうモノなら、
名誉毀損で訴えられるので誰も問いかけません。





数少ない情報の中から、その根拠らしきモノを見出すなら、
この文章が見つかります。
LORNA1.jpg
ウイングの本の250ページ。
ただこの文章は英国流の言い回しがあり、分かりにくい日本語なのでくせ者です。
Scan0007-2.jpg

下記引用----------
     p250 正常との境

     自閉性障害として特徴づけられる特性の多くは、
     生活のあらゆる面で間題なく過ごしている人にも
     わずかながらみられることがあります。

     ほとんどの人はそのパーソナリティのなかに、
     自閉的行動となんらかの共通性をもつ側面が、
     一つないしそれ以上
     見られるものです。

     アスペルガーが指摘しているように、ある程度の自閉性は、
     芸術や科学の領域においては有利となります。
上記引用----------


1.自閉性が見られる人でも、問題無く生活している人がいる。
  かつての私がそうでしたが、残念ながら経済的成功に至らず、
  満足出来る生活環境を整えるまでには行きませんでした。
  しかし、私たちの仲間には、経済的成功者が存在し、
  生涯を全うできる人もいます。






下記引用----------
     自閉性障害をもつ能力の高い人と、
     正常だがちょと変わった人との間には、 明確な境界線は存在しません
     診断の問題の論議のなかで、
     どこに線を引くべきかということがしばしば討議されます。
     診断を下すことによって、だれかを傷つけたり、
     以前になかった問題を引き起こす危険性はないのでしょうか。
     この問いは、実践上のジレンマではなく理論上のジレンマです。
上記引用----------


2.現在自閉性障害の明確な境界線を設けていない。それは理論上のジレンマがあるからだ。
  理論上のジレンマとはどの様な事でしょう。

  自閉症か否かは既に「心の理論」等で定義されている。
  しかし、問題無く生活している人まで含め強制的に判定する事に
  繋がらないか。
  判定した事で、かつてのユダヤの様に排除の対象になったり、
  判定された事で、例えば社会制度上で逆差別の対象にならないか。
  これらの可能性を考えると、理論上のジレンマが生じる。  と言う事です。






下記引用----------
     臨床においては
     自閉性障害の診断をする最も重要な理由は、
     個々の問題が幼年期から成人期までの発達上の難問を
     引き起こすからですし、
     また親たちや自閉性障害をもつ人自身がしばしば助けを必要としているからです。

     そうした場合、診断を下すためには、
     その診断によってどのような助言が得られるかを検討するのが適切です。

     よく対処している人は、たとえ自閉的特徴をたくさん
     もっていたとしても、診断を受けに行くよう紹介されたり、
     自分からすすんで診断を受けたりはしません。

     彼らにそうすべきだと助言することは、
     不当な干渉です。

     自分が自閉性障害をもつことに気づいており、
     そして相互に連絡を取りあっている非常に能力の高い人の
     グループは、いろいろな刊行物のなかで、自分たちの考え方や
     その世界の経験のしかたは、自分たちにとって正当なもので
     あること、そしてたとえ治療が可能だとしても、
     自分たちはそれを望んでいないことを強く主張しています。

     しかし自閉性障害だと気づいている人がすべて、
     必ずしもこのように感じているわけではなく、
     たとえ表面的にうまく対処していても助けを求めています。
     ひとりひとりの感じ方や願望は、尊重すべきです。
上記引用----------


3.ひとりひとりの感じ方や願望は、尊重すべきである。







「正常との境」 ウイングの言わんとする結論はこうです。

1.自閉性が見られる人でも、問題無く生活している人がいる。

2.現在自閉性障害の明確な境界線を設けていない。
  それは理論上のジレンマがあるからだ。

3.ひとりひとりの感じ方や願望は、尊重すべきである。






走り読みをすれば何となく変な人と自閉症の間が
ずっと続いている様に感じるかも知れませんが、
よく読み込むと、自閉症のグレーゾーンが存在するなどとは
一切書いていない事が分かると思います。
ハッペの書籍も参考の事)

IMGP6237.JPGScan0054.jpg




ではもう一度この部分をよく読んで見て下さい。
クリックすれば大きくなります。          
Scan0007.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

自閉症の心の世界 [重要図書]

IMGP6237.JPG

「自閉症の心の世界」   星和書店
 フランチェスカ・ハッペ





フランチェスカ・ハッペはこの本の事を
「本来目的としている読者は、私のように自閉症の謎に
 魅了された、心理学やそれと関連する領域の学生や
 大学院生です」
と紹介しています。






ただ、心理学が医学と密接に繋がっている英国と
文学部に併設されている日本とでは状況が異なるようで、
非常に、ロジカルであり、理系の私とも非常に
親和性のある論理構成になっています。







日本でも専門医以外の医者、例えば小児科医であったり
他の科目の医者が、
「自閉症スペクトラムが普通の人に繋がっている」と
明らかな誤解をしている例が見受けられますが、
英国でも研究者として同じ悩みがある様です。

Scan0054.jpg

ハッペは、ここで
自閉症」は正常な連続体の一端位置していない
ハッキリ明示しています。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

自閉症の謎を解き明かす [ウタ・フリス]

Scan0064.jpg

「自閉症の謎を解き明かす」   東京書籍
      ウタ・フリス



こちらは前出の本の内容から、さらに踏み込んで
自閉症を語っています。





その内容は、脳の解剖学的及び生理学的観察をも含む、
自閉症の要因について網羅されていて、
医者研究者が、研究対象として自閉症児を見た時に、
すぐその研究のヒントが引き出せる様に書かれている書籍です。





自閉症児はふたりと同じ症状を示す子供はいませんから、
この書籍があれば、自閉症児の数だけ論文が書けるネタを
探し出せそうです。





ちなみにこの絵は自閉症の子供が描いてくれたフリスの肖像です。
Scan0049.jpg

この書籍には、実際の子供達の特徴的エピソードが
含まれています。

ニキリンコは、この書籍からもそのままエピソードをパクってますが
コチラがオリジナル。

くれぐれもお間違えの無い様。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の4件 | -

発達障害ランキング
にほんブログ村