SSブログ
カンファレンスNIPPON ブログトップ
前の3件 | -

2002 11分科会本人(抄録)彼女が会社を止(や)めるとき [カンファレンスNIPPON]

IMGP7065.JPG
IMGP7067.JPG
彼女が会社を止(や)めるとき


山岸 徹(アスペルガー症候群の夫)
 産業用設備機械、装置設計開発 自営 45才(当時)




私達は奇跡的な確率で巡り会った、共にアスペルガー症候群の夫婦だ。
(受診時に受けたWAIS-Rでは、妻がiq129私がiq115)




自分達の事なので日頃から自閉症について考えている。
最近最も気に入っているのが、自閉症が第一義にあり、
それぞれに合併症があるという考え方だ。




この考え方、そして医師の診断によると、私は自閉症と鬱病の合併、
妻は自閉症と脅迫性障害の合併である。


つづく・・




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2002 11分科会本人(抄録)彼を会社につれてって [カンファレンスNIPPON]

IMGP7068.JPG
彼を会社につれてって(抄録)6
山岸 美代子(アスペルガー症候群の本人) 主婦・パート 46才(2002年当時)



三つ子の魂百までもと申します。



私の主人は43才のときアスペルガー症候群の診断を受けました。

当年45才ですが、なるほどことわざ通り、
行動療法もものかは、アスペルガー症候群の本質は
三歳児の頃よりまったく変わっておりません。




本日はそのことをお話しようかと思います。



つづく・・・



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

2002本人講演 学校の怪談 [カンファレンスNIPPON]

IMGP7066.JPG

自閉症カンファレンス2002

大きな講堂201会議場が私達の口演にあてがわれました。
私(名誉毀損被告つまり訴えられた山岸徹)が口頭で発表した話を載せます。
何かの参考になれば。(一部追加修正有り)




はじめまして

本来なら抄録にある内容を発表するのが本当なのでしょうが、
今日は別な話をしたいと思います。




何故かというと、何らかの要因で突発的に発生した自閉症は
(現実にあれば)別ですが、私達のように、一子相伝 
自閉症の宗家ともなると、家族、親類縁者、変なのばっかりです。




特に私の父は、50才でアルツハイマー病の予兆を示し62才で死にました。




私もそろそろ、父の様子が変わってきた年齢に近くなりましたし、
実際自覚症状も出てきました。
今、言いたいことを言っておかないと、後悔しますからね。




まあこれから口に任せて話しますので、
その中に、皆さんのヒントになるような所があったら、是非利用して下さい。




抄録にある話は大人になってからの具体的なエピソードとして
書き起こしましたので後でじっくり読んで見て下さい。




他にも、

40年かかってやっと落ち着いで作業が出来る環境になったが、
これはTEEACHだった。とか、
(これは見事にスラップ訴訟で破壊されました)

情報を脳の内部でどの様に処理され、うまく実行されないのか、
その実行までのようす。とか、

漢字圏における読字障害と、英語圏における読字障害の発生の違いと、
読字障害に陥る課程の具体例。とか、

パニックの具体例とその構造。とか、

自閉症に多い斜視や、視力障害についての考察。とか、

自閉症に関する症例を網羅した実例を準備してきましたので、
どこまで話せるか。




先ず山岸美代子が話します。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
前の3件 | - カンファレンスNIPPON ブログトップ

発達障害ランキング
にほんブログ村