So-net無料ブログ作成
カンファレンスNIPPON ブログトップ
前の3件 | -

2002 11分科会本人(抄録)1 [カンファレンスNIPPON]

IMGP7065.JPG
IMGP7067.JPG
彼女が会社を止(や)めるとき


山岸 徹(アスペルガー症候群の夫)
 産業用設備機械、装置設計開発 自営 45才(当時)




私達は奇跡的な確率で巡り会った、共にアスペルガー症候群の夫婦だ。
(受診時に受けたWAIS-Rでは、妻がiq129私がiq115)




自分達の事なので日頃から自閉症について考えている。
最近最も気に入っているのが、自閉症が第一義にあり、
それぞれに合併症があるという考え方だ。




この考え方、そして医師の診断によると、私は自閉症と鬱病の合併、
妻は自閉症と脅迫性障害の合併である。




知能障害、知能の遅れのみある場合には、養護学校へ通って
遅れた知能を補填する手法をマスターすれば良い。
彼らは、人が好きで人が集まる事も好きだ。
だから学校も好きで通ってくれる。



しかし、自閉症は違う。それは家族であればすぐ分かるでしょ?



自閉症であれば通常の知能の補填手法だけではなく、
さらにコミニュケーションの質についても補填する手法を
身に付けなければならない。




この二つのハードルを越えなければ就業は難しいし、
実際私達の最重要課題も就業(収入)である。




当時私達は自覚も無く、ごく普通の社会人として就業し続け、
年間最高130万もの税金を国や自治体に払い続けた挙げ句、
会社員としては2人共破綻した。




彼女は東京YMCA英語学校英語科を卒業後ステップアップを目指し
2社を転職、3社目で私と知り合い結婚した。




私と彼女とが会社のグチを言い合うと、大体

「結局あいつら価値観が違うんだよ。ホント変わってるよなあ」
という話に落ち着く。 

実はその価値観が今迄で一番私と近かったのが彼女だった。




会社は仕事をする場であり、実質給与の3倍の貢献が無ければ
会社としてはペイしない、というのが私達共通の認識であり、
その通り一生懸命働いた。




結婚式の前日も、お互い別々のフロアで午後11まで残業、
他に残業している人など居なかった。





結婚後は夫婦何れかが退社すべきという雰囲気の中にあり、
彼女は転職。
さらにもう一度転職して十年後、
定年退職まで働きたいと希望していた彼女は、
突然会社員であり続ける事を止(や)めたのだ。



つづく・・・



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2002 11分科会本人(抄録)2 [カンファレンスNIPPON]

IMGP7067.JPG
彼女が会社を止(や)めるとき その2

山岸 徹(アスペルガー症候群の夫)
 産業用設備機械、装置設計開発 自営 45才(当時)

定年退職まで働きたいと希望していた彼女は、
突然会社員であり続ける事を止(や)めたのだ。




そこは15人程の電子部品輸出商社。
主力商品の液晶パネルは当時日本オリジナルの技術で、
日本からの出荷がほとんど。
仕事は忙しく帰宅するのは毎日夜11時、毎週土日は
泥のように眠り続けた。





会社が新橋から蒲田に移転したときも、
彼女の通勤時間短縮の為に転居もした。





彼女の勤務ぶりは真面目そのものだ。遅刻欠勤は皆無、
有給休暇も体調を崩したときに使うだけ。


取り扱う商品は少量他品種。毎回毎回受注生産で、
商品手配等二度と同じ作業が無いため、
臨機応変に対応しなければならない。






今になれば最も苦手な作業と分かるが、
当時は必死にこなす毎日。
このようにくそ真面目なおかげで、
入社1年でアシスタントマネージャーに昇進した。





風向きが変わり始めたのはこの頃からだ。
「新人は山岸にまかせろ」と新人を数ヶ月毎にあてがわれ、
おかげで自分の仕事をしながら、貿易の経験のない素人に
教える毎日。仏の山岸と呼ばれた。





自分の事も順序立てて説明出来ないのに、
まして人に筋道立てて教えるなど至難の業。
ただでさえ残業が多いのに、アシスタントがつき
さらに残業が増えた。






それも慣れれば楽になると、
ようやく仕事のイロハを教え独り立ちしたところで
今度は組織改編、他部門に横取りされる。あるいは退職。





「経験不問」で新規入社を募り、アシスタントはまた新人。
砂に水を撒くような仕事が5年程続き
自前の教育マニュアルだけが充実した。





信用金庫を辞めて来た子が配属になった。
おとなしく、仕事ぶりに真面目さが出ていた。




ところが突然欠勤をし辞めると言い出した。
強引に呼び出し脅し半分で聞き出すと、苛められていると言う。





辞める、辞めないに関わらず苛めがあるような
職場は許せない。


詳細を聞き出し、社長に現状を包み隠さず報告、
個人名は口止めすることを念押しした上で
職場への配慮を促した。



つづく・・・




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2002 11分科会本人(抄録)3 [カンファレンスNIPPON]

RIMG0136.JPG
彼女が会社を止(や)めるとき その3

山岸 徹(アスペルガー症候群の夫)
 産業用設備機械、装置設計開発 自営 45才(当時)


個人名は口止めすることを念押しした上で
職場への配慮を促した。





ところが、社長は約束を破り苛めの首謀者の氏名を発表。
本人に問い質すが認める訳が無い。

結局社内に苛めなど無く、新人の妄想ということになり、
苛められた方は欠勤のまま退社した。





小さいが自由。自由だが仕事はする、という社風から、
社員が30人程に膨張し、自由でだらしなく、
要領の良い人間だけが得をする社風となりつつあることを
示す出来事になった。





今思えばちょうどバブルの真ん中で、
社員も得体の知れない履歴の人間が集まっていた。





コピー用紙ひとつとっても、彼女が使おうとすると
故障か用紙切れだ。


毎回用紙の補充、コピー屋への連絡をしているうちに、
やっとカラクリに気がついた。
他の人間は知っていても放置しておくのだ。





業を煮やし、文房具は最後の1個になった時点で、
それに気がついた人が発注すると決めた。





しかし、誰ひとり守らず結局文房具は彼女が頼むのだ。
彼女が文房具屋に連絡をしていると、
あれもこれもと他の文房具の依頼が来る。





「私は総務じゃない。総務の人に頼んでくれ」何度言っても、
心が狭いだの面倒がるだの言われるばかりで、
結局仕事が増えるのだ。






「異例の抜擢でアシスタントマネージャーになった」




その頃にこんな噂が飛び交っていたことも後から知った。
彼女が入社当時は未だ人員も少なく、
アシスタントマネージャーの該当者と言えば
彼女しか居なかったのだ。





噂とはいえ、何故そんな話がまことしやかに話され、
それを否定もされないとはどういうことだろう。





今度は、海外出張の話が来た。これこそ超異例。
しかし内容は、韓国の商社が支払わない未収金1000万円を
何が何でも取り立てて来いと言うのだ。





本来なら、当時の担当者。或いはエリアの統括部長。
或いは経理の責任者。或いは凄味の効く人間。
まともに回収を考える商社ならば考える担当すべき
人物は除かれ彼女に回ってきた。




結局これもやむを得ず行ったが、
男尊女卑が強い韓国で回収など出来る訳無いし、
事実無理だった。

それについて社内でどんな評価を下されたかも分からない。



つづく・・・




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問
前の3件 | - カンファレンスNIPPON ブログトップ

発達障害ランキング
にほんブログ村