SSブログ
政府の要人 ブログトップ
前の3件 | -

杉山登志朗 医師 [政府の要人]

グレタ・トゥーンベリさん

皆さんもうご存じでしょうアスペルガー症候群の16才の少女。(2019年現在)
毎週金曜日環境問題提起の座り込みをしていたら、それが話題になり世界的運動へ。
2019年9月21日国連本部で「若者気候サミット」が開催されるきっかけを作った少女です。
報道当初は、ネット上で盛んに「アスペルガー症候群の少女」と言われ話題になりました。
彼女の動画が配信され始めてからは、もう「アスペルガー症候群」の事は言われません。
何故でしょう。多くの日本人が持っていたアスペルガー症候群像と違うからでしょうか。






日本でアスペルガー症候群と言えばニキリンコ。ウィキペディアにも載るぐらい有名。
サングラスを掛けイヤーパッドをして、「一目で分かる自閉症」
当事者ブログを見てもニキリンコさんと同じ症状の人ばかりです。






グレタさんの姿を見て、今まで考えていたモノが根本から崩れ
マインドコントロールが溶けてしまった人もいるのでは無いでしょうか。






あの杉山登志朗医師もこう発言しています。
Scan0045 (3).jpg

「君が教えてくれたこと」という、「自閉症を演じる人を見た人」の自己診断については、
ほとんど誤診が無いと言います。
するとグレタ・トゥーンベリさんを見て、改めて「自分は違う」と自己診断する場合もあるでしょう。






さらに杉山先生は「私は敢えて高校生以上は診断しない」とも主張実践されています。
どう言う事なのでしょう。






映像を見ての自己診断はまず誤診が無く、敢えて高校生以上を診断しないと言います。
2000年以降の「自称診断済み自閉症者」の大量発生にはこんな所に原因があるのでしょうか。






では、その自己診断の自称当事者は最終的に誰が診断したんでしょうか。
杉山登志朗医師は診断を下してくれません。他の部下の医師に診断を下させるのでしょうか。
そして医学を超越したグループが存在し
「誰が見ても分かる自閉症」と言う診断基準があるのでしょうか。





ローナ・ウイング博士は、自閉症と正常の境について明確にあると論文に現し現代の診断基準に
組み込まれました。杉山登志朗医師は、「ウイング博士はこう言っています」としながら、
「自閉症を頂点に富士山の様になだらかに普通の人に繋がっている」と主張しています。

それが「自閉症グレーゾーン」です。
ところがウイング博士の自閉症スペクトル理論には自閉症グレーゾーンなどありません。







さて、今度はグレタ・トゥーンベリさんを見て、「ああ私と同じ」
自己診断をした自称アスペルガーが続々出てくるのでしょうか。


動画も見てね


nice!(0)  コメント(0) 

奇跡の療法 [政府の要人]

ニキリンコさんに関わる人は皆さん出世なさる。

この 長崎大学医学部 岩永竜一郎 先生は、いまや教授。

長崎大学の医学部に所属しながら、医師の診断を受けていないニキリンコさんを
自身の感覚統合の実験サンプルとして取り上げ、素晴らしい結果を得たらしい。


なぜ医学部に籍を置きながら、医学上の診断を無視して論文構成が出来るのか私には理解出来ない。

まあその代わり教授にもなったし、花風社で岩永先生の本も出版出来たから、良いのか。

?ホント?イイのか?不思議だ。

kou3.jpg

長崎大学教職員データより抜粋

岩永 竜一郎 いわなが りょういちろう

所 属 生命医科学域 
職 名 教授 学位・資格 博士(医学)(2006年03月)
体育学修士(2001年03月)
作業療法士(1989年06月)
学歴 2001年00月 筑波大学体育研究科健康教育学修士課程修了
2006年03月 長崎大学医学系研究科医療科学専攻博士課程修了

職歴
1998年04月~2001年03月 茨城県立医療大学 助手
2006年04月~2012年03月 長崎大学 医歯薬学総合研究科 保健学専攻 准教授
専門分野
精神神経科学(若手研究(B))、小児科学加入学会 日本作業療法士協会、日本小児保健学会、
日本小児精神神経学会、日本自閉症スペクトラム学会(評議員)、日本小児神経学会、日本LD学会

現在実施している共同研究
技術指導分野 発達障害児の親や幼稚園教諭を対象にしたペアレントトレーニング
発達障害児に対する感覚統合療法
長崎県教育委員会の実施する障害児就学指導委員会における障害のある児童などの障害の種類、
程度などの判定

現在実施している研究テーマ
自閉症児の感覚運動障害前庭及び体性感覚刺激が自閉症児のアイコンタクトに及ぼす影響
小児の随伴性陰性変動

間違いはすぐ変更します。詳細はコメント欄にて詳しくお書き下さい。

ご面倒でも一つ   →
              にほんブログ村

クリックお願いします→
               発達障害ランキング

nice!(0)  コメント(0) 

政府の要人 ニキリンコ [政府の要人]

ニキさんは小泉内閣から始まり安倍福田と6年の長きに渡り政府の要人を務める。
内閣府障害者施策審議委員 もちろん当事者代表だ。

障害者施策.jpg

障害を偽って障害者年金を貰うのはサギで捕まるが、医師の診断を受けず当事者を代表して
診断済みの政府の要人になる事は、公明与党の政府に於いては奨励される様だ。
関係者みんな次々政府の要人になるからね。障害者雇用の水増しにも使えそうだし。



やっとADHDに効果的な噂の処方薬「リタリン」が日本で慎重に処方され始めた頃、

ADHD先進国のアメリカでは、そのハイパーと言う存在を神格視したり、薬を飲めば勉強が
出来る様になると噂が噂を呼び、ハイパーの過剰診断で教室の1/3がADHD診断済みだったり、
療育サマーキャンプで、子供に過剰投与する問題が起きたり、そのリタリン適用について問題視
され始めていた。



日本では精神科医が慎重にADHD患者に「リタリン」を投与し始めたが、
子供を含む若者はいち早くインターネットでリタリンの情報をゲット。
良心的な精神科医より早く、新宿あたりでは不正処方、違法リタリンが出回る様になり、
過剰摂取か何かで18,9の少女が死んでしまった。



父親が「リタリン」の禁止を訴え、その事件が引き金になったのか日本でADHDへのリタリン処方
ほぼ禁止になった。



当時、禁止法案提出にあたり、リタリン服用当事者の意見も取り入れたとの事。
参考文献として「現代思想」が上げられていた。


私が現代思想の記事を入手したのは、リタリン禁止後大分経ってからの事だが、
その記事を見て驚いた。



リタリン服用当事者とは「ニキリンコ」であり、
そのニキリンコが自身の服用体験を事細かく書いているのだ。
普段は集中力抜群で、リタリン飲むとまったりするらしい。効能読み間違ってないか



医師の診断を受けていないのに処方箋はどうしたのか。飲んだ薬は不法入手によるものか。



この記事は、自閉症を装っているが自己意識、想像力、コミュニケーションが整っていると言う事を
言う為の資料では無い。
こんな荒唐無稽な記事内閣ではまともに参考にするその不思議の資料だ。



日本国家の法律立案の資料とされた貴重な記述をご覧あれ。

Scan0088.jpg
Scan0089.jpg
Scan0090.jpg
Scan0091.jpg
Scan0092.jpg
Scan0093.jpg
Scan0094.jpg
Scan0095.jpg
Scan0096.jpg
Scan0097.jpg
Scan0098.jpg
Scan0099.jpg
Scan0100.jpg
Scan0101.jpg
現代思想 2008年6月号より転載

間違いはすぐ変更します。詳細はコメント欄にて詳しくお書き下さい。

ご面倒でも一つ   →
              にほんブログ村

クリックお願いします→
               発達障害ランキング

nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | - 政府の要人 ブログトップ

発達障害ランキング
にほんブログ村