So-net無料ブログ作成

辻井正次中京大学発達臨床心理学・浜松医科大客員教授による名誉毀損裁判 [辻井先生]

私は一応社会人として、会社で働き、お客さんと上司と同僚と仕事をし、
外注に仕事を頼み、色々な場面でやり取りしながら問題を解決してきた





自閉症(アスペルガー症候群)だけどね





仕様の確認だの、納期の確認だのは、
まあ人間の機微とは別だから出来たんだけどね。






しかし、ネット上に存在する障害者関係の人には、
どうやっても意図、話が全く通じず、どうしてこんなに、
理詰めで話しても理解出来ないのか不思議でしょうが無かった






残念ながら辻井正次教授も、
全く信じられない程話が通じなくて、それならばと、
アスペエルデの会の顧問弁護士を通じて話をしても、
話は全く受け入れられず、何の交渉にも応じて貰えず裁判になった。







世の中の殆どの人は裁判なんかとは無縁で分からないが、
裁判沙汰と言うのは、テレビで見る様に簡単には行かない事を
私は経験上知っているから、何とか回避出来ないか模索したが
それも叶わず、





この発達障害の専門家である中京大学発達臨床心理学教授
浜松医科大学客員教授の辻井正次先生には
説得を一切受け入れて貰えず裁判になった。






裁判の趣旨は以下の通り。(クリックして見てね)

Scan0053.jpg

これを簡単に言うと、

被告はブログをいっぱい持っている。ブログで好き勝手な事を書いている
特に、ア●●カ教授と書くなどと言う事は許せない。
さらにこのア●●カ教授は私(辻井正次)の事である。
この事で非常に名誉を毀損された。と言う事なんだ。






でも、
「もうブログはプロバイダに削除されて
誰も読めないからダメですか」と提示してもダメ。






「記事のア●●カ教授は辻井先生の事じゃありません
あれは一般論です。」と言ってもダメ。






あれは私の事に間違い無い、名誉毀損だ。と言う。









ちょっとこれを見て下さい。
これは、私の古いホームページの画面を紙焼きして
残しておいたモノ(クリックして見てね)
Scan0049.jpg

これは、私のブログのHTMLファイルを紙焼きして
残して置いたモノなんだけど、名前なんか書いていないんだよね






ところが辻井教授の訴状
そしてその添付資料として出て来たブログの文章内に、
突如として実名の記述が!
あたかもブログにこう書いた様な表現になっている。







そして実名を挙げて名誉を毀損したとして訴えられた。






そもそも一体ドコからこの名前が出て来たんだろう?







この辻井教授の訴状に添付されたブログの写し、
添付資料がこちら。(クリックして見てね)
Scan0052.jpg

私のブログでは氏名なんか書いていないんだけど、
訴状にはあたかも書いてある様になってるのが恐ろしい





それらしく、ブログのページアドレスまで記入してある







この時にはブログは削除されているから、
確認しようにも確認出来ないんだな。
裁判ってこういうモノなんだ






さらに、ブログに辻井教授は統合失調症だ
書いた事にもなっている

辻井正次教授は統合失調症だなんて書いた事は一度も無い。一体ドコのブログで見たのだろう。






ただ、それより気になるのは、
統合失調症と書かれると、名誉毀損で訴えても良い程、
もう大変な、辻井先生の名誉に関わる大事、一大事という事なんだ。







発達障害の専門家でさらに臨床の専門家なんだから、
統合失調症の患者にも日常的に接しているだろう。







その人達には一切病名を口に出さないのかな。名誉を毀損しちゃうから?






統合失調症と言う単語はアンタッチャブル、
まして人の事をそう言うだけで(私は言いませんが)名誉に関わるの?






私は自閉症だから統合失調症を併発する事はあり得ないが、
仮に私が統合失調症の患者だったとしたら
隠さずに「へへへ、実は統合失調症なんですー」
なんて告白しちゃうけど、絶対ダメなんだ。






繰り返すが、私は辻井教授を統合失調症と書いてないけど、
書かれたと言って名誉毀損で訴える方が、
統合失調症の患者や障害者の名誉を毀損している様な気がするけど
どうなんだろうな。





発達障害の専門家なんだろう?






医師の診断を受けていないニキリンコ
日本を代表するアスペルガーの当事者です」と
紹介するのは全く問題無くて、






私は書いていないが、
「辻井教授は統合失調症です」とブログに書いたとしたら
名誉毀損になるのがどうも不思議だ。






その診断を受けていないニキリンコが、
さらに自閉症のデマを飛ばしているのを見ると
デマを飛ばされ続けている自閉症の当事者としては、
私の方が名誉毀損されている様な気がするけどどうなんだろう。







前に、辻井先生から貰ったメールでも
アスペエルデの会の会員の本名を晒したな!
とんでもない名誉毀損だ!と書いてきたけど、






それも示談の過程で「一体誰の事ですか?」と何度聞いても、
最後まで誰の事なのか教えて貰えなかった。
21回も裁判が行われて、毎回質問しても「辻井先生の準備が出来ていません」
と言う回答しか貰えないんだよ。
おかしいでしょ。






ニキリンコの診断の有無にしてもそうだけど、
辻井先生要求は多い全く答えてくれないんだよね。







簡単な事しか聞いてないのにね。何で答えてくれなかったんだろう。
答えられないのかなって考えちゃうよね。








そう言えばこんな記事もある。(クリックして見てね)
Scan0036.jpg

辻井正次 中京大学社会学部発達心理学教授が、
発達障害のひとつのアスペルガー症候群の診断を受けた私を
名誉毀損で訴えて係争中に出た記事。







辻井先生の記事を読むと、言ってる事とやってる事が相当矛盾がある
様な気がするんだけど、まあ、名誉を毀損した事には間違い無い様で、
反省して謝罪文を示談の条件通りブログに載せた。







ブログはすべてプロバイダに削除されて無かったので、改めて謝罪用にブログを作った。
だから、誰か探せば出てくる筈です。







その節は大変ご迷惑名誉を傷つけ申し訳ありませんでした。
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント


発達障害ランキング
にほんブログ村