So-net無料ブログ作成

団体の本質 [事件]

RIMG0102.JPG
ニセ自閉症だったニキリンコ。





主な収入源は翻訳出版に依るものであり、その出版は花風社に限られていた。






ニセ障害者は皆目的はお金。

図書出版でお金を得るのには、その出版社を完全に騙さなければ成り立たない。
まともな出版社なら、障害を売り物にしての出版なら、当然その正当性を調べる
それを敢えてせず、障害者としての売りを宣伝文句に何冊も出版するのだから、
余程出版事業者と一体なんだろうと考えた。





私が騙す側なら、とても他人にニセ障害者を演じさせるなんて恐ろしい事は出来ない。
いつ何時裏切るかもしれないからだ。






そう考えると、花風社社長浅見淳子がニキリンコを演じ、出版して儲けていると考えた。
しかし、それは過ちで、それをネタに私は名誉毀損と刑事告発を受けた。





今になって考えると、ニセ障害者が障害者年金を誤魔化す程度の問題では無く、
非常に大きな組織が関わったプロジェクトであった事が分かってきた。




どこかで決まったニキリンコ売り出しプロジェクト





先ず、ニキリンコ著作出版物を複数出版。
各社の取材準備。
大阪にある新国際空港で取材を受けさせる。週刊女性誌に記事を書く品川由香
同行するニキリンコの夫?
NHK教育で放映するためのテレビクルー、そのディレクター海老沢眞







人目に付かない新国際空港で、テレビクルー数人とその他取材陣をゾロゾロ引き連れ取材。
関係者全員合わせると10人は軽く超えるだろう。







先ず週刊誌に記事が載り、その2週間後位にはNHK教育テレビで放映
NHK教育テレビで放映したソースは編集し直し、民放各局のニュース報道で紹介されたから、
テレビクルーは恐らく外部プロダクションによる制作なんだろう。






週刊誌、テレビ共に大阪教育大学名誉教授の竹田契一が登場
「ニキさんは恐らくアスペルガーでは・・・」とここでキッチリ切られて
断定まで行かない作り






これを個人で企画し流れに載せようとしてもとても不可能






こんな事は、マスコミに太いパイプがある、マスコミに精通した大きな組織しか出来ない。






では、どんな組織か。
手掛かりは、ニキリンコが出版物を出している花風社の社長は、元WAVE出版社員で、
この会社が創価学会100%出資子会社と言う事だけだ。






一体何が目的なのか分からないが、ニセ障害者を「発達障害の障害者 ニキリンコ」として
仕立て上げ、自公政権下の小泉政権、安部、福田政権で、ニキリンコを政府委員として送り込んだのだから、ニセ障害者を何かの目的で使ったに違いない。





もし創価学会のグループが行ったとしたら、現世利益で理屈は通る。





しかし、この様な事が平気で出来る実行グループを組織内に持つと言う事は
創価学会の事を反社会的グループと言って良いのでは無いだろうか。






創価学会員であった宅間守がその犯行現場に、御用学者が居る大阪教育大付属小学校を
選んだのは、どうしても無関係とは思えないのだ。






その宅間について、今では左翼系組合の力で公務員になったと言うネット情報が主流になっている
と言う事は、ニキリンコを擁護し、ネット上で私の事を総攻撃してきたグループが、
未だ存在しているのだろうか。





そうならば、反社会的集団が政権与党に存在している事になるのでは無いか。




恐ろしい話だ。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント


発達障害ランキング
にほんブログ村