So-net無料ブログ作成

グレー理論の広がり [自閉症の定義]

杉山先生のカナー型を頂点に富士山の裾野の様に広がり
正常な人と繋がっているという理論。

一方WHOで認めているのは「三つ組の障害」を持っている事。
さらに「三つ組のどの一つの障害も欠けてはいけない」と言う事。
Scan0077.jpg
Scan0065.jpg

では、杉山先生のグレー理論に「三つ組の障害」の理論を
重ねて見ましょう。





三つ組の障害」があって自閉症と定義される。
   ↓
正常な人にひたすら近いところにいる人がグレーゾーン。
   ↓
ではグレーソーンは「三つ組の障害」を持っている?
   ↓
「三つ組の障害」の一つでも欠けると自閉症では無い。
   ↓
グレーゾーンも「三つ組の障害」を持っている
   ↓
グレーゾーンに隣接している正常な人も「三つ組の障害」を持っている。
   ↓
正常な人は自閉症である。






どうでしょうか。上記に矛盾を感じない人は結構です。
しかし、論理的な矛盾を見出せる人はどこに矛盾がありますか?





そして、日本の状況と医学上の理論との矛盾を感じませんか?






ただ、残念ながらこんな簡単な論理の矛盾でも、
ある医学のグループには矛盾では無い様なのです。






それは、国立大学の連合体なのですが、
 大阪大学
 金沢大学
 浜松医科大学
 千葉大学
 福井大学
の5校が連携して「連合小児発達学研究科」として
「科学的視点を持って子どものこころを健やかに育てる」


と言うのですが、
福井大学の子どものこころの発達研究センターで

児童青年期こころの専門医育成部門 にて 
筆頭客員教授として 杉山登志朗医師が 
専門医の育成に当たっています。






と言う事は、これから生まれる精神科医はもちろん
今までの連小5校を卒業した日本のほぼ半数の精神科医が
自閉症と正常な人がつながりグレーゾーンが存在すると
考えているのでしょう。驚きです。





しかし、ネット上のグレーゾーンや、統合失調症の自閉症が
膨大に存在している事をみればそれも納得出来ます。






浜松医科大学では辻井先生も客員教授として自閉症との
法廷闘争の実際を講演しているのかもしれません。






日本の精神科は世界の医学からどれ位乖離してしまうので
しょうか。
Scan0069-2.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント


発達障害ランキング
にほんブログ村