SSブログ

杉山登志朗 医師 [政府の要人]

グレタ・トゥーンベリさん

皆さんもうご存じでしょうアスペルガー症候群の16才の少女。(2019年現在)
毎週金曜日環境問題提起の座り込みをしていたら、それが話題になり世界的運動へ。
2019年9月21日国連本部で「若者気候サミット」が開催されるきっかけを作った少女です。
報道当初は、ネット上で盛んに「アスペルガー症候群の少女」と言われ話題になりました。
彼女の動画が配信され始めてからは、もう「アスペルガー症候群」の事は言われません。
何故でしょう。多くの日本人が持っていたアスペルガー症候群像と違うからでしょうか。






日本でアスペルガー症候群と言えばニキリンコ。ウィキペディアにも載るぐらい有名。
サングラスを掛けイヤーパッドをして、「一目で分かる自閉症」
当事者ブログを見てもニキリンコさんと同じ症状の人ばかりです。






グレタさんの姿を見て、今まで考えていたモノが根本から崩れ
マインドコントロールが溶けてしまった人もいるのでは無いでしょうか。






あの杉山登志朗医師もこう発言しています。
Scan0045 (3).jpg

「君が教えてくれたこと」という、「自閉症を演じる人を見た人」の自己診断については、
ほとんど誤診が無いと言います。
するとグレタ・トゥーンベリさんを見て、改めて「自分は違う」と自己診断する場合もあるでしょう。






さらに杉山先生は「私は敢えて高校生以上は診断しない」とも主張実践されています。
どう言う事なのでしょう。






映像を見ての自己診断はまず誤診が無く、敢えて高校生以上を診断しないと言います。
2000年以降の「自称診断済み自閉症者」の大量発生にはこんな所に原因があるのでしょうか。






では、その自己診断の自称当事者は最終的に誰が診断したんでしょうか。
杉山登志朗医師は診断を下してくれません。他の部下の医師に診断を下させるのでしょうか。
そして医学を超越したグループが存在し
「誰が見ても分かる自閉症」と言う診断基準があるのでしょうか。





ローナ・ウイング博士は、自閉症と正常の境について明確にあると論文に現し現代の診断基準に
組み込まれました。杉山登志朗医師は、「ウイング博士はこう言っています」としながら、
「自閉症を頂点に富士山の様になだらかに普通の人に繋がっている」と主張しています。

それが「自閉症グレーゾーン」です。
ところがウイング博士の自閉症スペクトル理論には自閉症グレーゾーンなどありません。







さて、今度はグレタ・トゥーンベリさんを見て、「ああ私と同じ」
自己診断をした自称アスペルガーが続々出てくるのでしょうか。


動画も見てね


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント


発達障害ランキング
にほんブログ村