So-net無料ブログ作成

医学的に見た発達障害とは [ICD10]

ネットだけで無く、NHKを初めとするマスコミ情報はほとんど
ナンチャッテ発達障害日本式自己申告発達障害の情報だと思っても構いません。
Scan0069-2.jpg



残念ながら医学的発達障害と診断された子供達、当事者親に役立つ情報が無いのです。



本当に真面目な精神科医、さらにその中から児童精神科を専門職とする医師は何を基準に子供を
発達障害と診断するのでしょうか。



それは、医学的な臨床を経た専門教育とICD-10と言う基準を参考にします。


これはネットでも見られますが、アメリカの精神科医学界が基準としているもので、
日本でもこれを基準に考えられています。

日本で障害者手帳を貰う時に出す診断書に記入する判定基準もこのICDー10が使われます。



そこで発達障害とはどの様な人の事を言っているか。

F80-F89 心理的な発達の障害

・F80 会話及び言語の 特異的 発達障害
   ・F80.0 特異的会話構音障害
   ・F80.1 表出性言語障害
   ・F80.2 てんかんを伴う後天性失語(症)「ランドウ・クレフナー症候群」
   ・F80.8 その他の会話及び言語の発達障害
   ・F80.9 会話及び言語の発達障害、詳細不明

・F81 学習能力の 特異的 発達障害
   ・F81.0 特異的読字障害
   ・F81.1 特異的書字障害
   ・F81.2 算数能力の特異的障害
   ・F81.8 その他の学習能力発達障害
   ・F81.9 学習能力発達障害、詳細不明

・F82 運動機能の 特異的 発達障害
・F83 混合性 特異的 発達障害

・F84 広汎性発達障害
   ・F84.0 自閉症
   ・F84.1 非定型自閉症
   ・F84.3 その他の小児(児童)期崩壊性障害
   ・F84.4 知的障害(精神遅滞)と常同運動に関連した過動性障害
   ・F84.5 アスペルガー症候群
   ・F84.8 その他の広汎性発達障害
   ・F84.9 広汎性発達障害、詳細不明

F80からF83の特異的と言うのは、簡単に言うと病的に出来ないと言う事です。

特別支援級に行く子供のほとんどは知能に応じた発達をしています。
ですからこの場合知的障害に含まれ医学的に発達障害には含まれません。


柳家花緑さんと言う、超落語の上手い落語家が居て小さん師匠のお孫さんです。
花緑さんは、子供時代字が読めずバカだったと述懐してます。
字が読めないから教科書が読めない。教科書が読めないから授業で何やってるのかさっぱり分からない。オレはバカだったんですよ。と言ってます。
しかし、花緑さんは知的でウイットに富み、なにより抜群に落語が上手い。

今は時代が変わりましたが、落語と言うのは師匠と口移しで習うのが本当です。
今は文章で覚えた弟子が習いに来ます。
考えてみると、昔から字は読めないが記憶は抜群と言う人が居たはずです。
そんな人たちの最後の拠り所が芸能界であり落語界だったと想像出来ます。

トムクルーズも昔から読字障害を告白している素晴らしい役者です。
日本にも読字障害を思わせる素晴らしい役者さんが居ますが、カミングアウトまでは行かないようです。

とにかく病的に文字が読めない、読むのが苦手なのですから、ネットにたどり着く訳なく、
本当に困難な人の助けにはネットは無力と言う事。
この事からも、ネット情報、自称本人情報の怪しさが浮き彫りになります。

そして、残りが自閉症のグループ。
基本は自閉症、つまりマインドブラインドネス、であると言う事です。


では、なんちゃって発達障害の大多数を占めるADHDはどうでしょう。
これは、F90 多動性障害 として情緒障害に含まれます
知的障害は F70-F79 として別のカテゴリーがあります。
その他、昔学校で見かけた様な変わった子ほとんどが、情緒の障害に含まれます。



こうすると、医学的に見る発達障害と、日本式ナンチャッテ発達障害数の差
よく分かると思います。



ナンチャッテ発達障害基本情緒障害ですから、10人にひとりとか、6人にひとりと言ってもそうなのかも知れません。


しかし、自閉症ウイングがイギリスで行った大規模な疫学調査による人数。
つまり600人にひとりと言う数字を正しいと考えるべきでしょう。



ネットやマスコミに氾濫する発達障害に対する情報。
実態を表していないと言うのは、この事を知っていれば頷けるはずです。



療育、療育。なるべく早い療育行動。その流行に流されずに、良く考えて見て下さい。

間違いはすぐ変更します。詳細はコメント欄にて詳しくお書き下さい。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

発達障害と障害者手帳2級 [ICD10]

RIMG0071.JPG

ネット情報や、発達障害当事者会の当事者の話をよく読んで欲しい。

不思議な事に彼らは、発達障害でさらに精神障害者手帳2級を持っている。





以前、私の所に来た自称アスペルガーの男性も、アスペルガー症候群の診断を受けたと言うが、
アスペルガーの診断を受けた事自体が珍しい事なのに、精神障害者手帳2級を持つと言う。





当時、一部の噂ではアスペルガー単体では手帳が貰えないと言う話だったので、
みんな驚いて「どうやって取れたの?」と聞いたら、
裏技で取る方法があるんです」と言い切っていた。





あの頃は、私たちもまだまだ勉強不足、経験不足だったから分からなかったが、
あの時期、精神障害者手帳2級を取れていたんだから、彼が統合失調症である事は
今なら容易に分かる。






では、今、2019年現在「発達障害で精神障害者手帳2級」を取れると言う事はどう言う事か。
もう一度ICD10を見ると

F70-F79 知的障害<精神遅滞>  これは知能障害だから愛の手帳か、2級を貰えるのかな?

F80-F89 心理的発達の障害        このカテゴリーが医学的に言う発達障害
  F80 会話及び言語の特異的発達障害
  F81 学習能力の特異的発達障害
     F81.0 特異的読字障害
     F81.1 特異的書字障害
     F81.2 算数能力の特異的障害
  F82 運動機能の特異的発達障害
  F83 混合性特異的発達障害
  F84 広汎性発達障害
     F84.5 アスペルガー<Asperger>症候群
  F88 その他の心理的発達障害
  F89 詳細不明の心理的発達障害

F90-F98 小児<児童>期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害  これはADHDの事


DMC5で言うと、全部発達障害というカテゴリーに入るが、医学的には F80-F89が発達障害






ちなみに私たち夫婦は、必死に手続きを何度もトライして貰えたのは精神障害者手帳3級
それでもアイデンティティーの証明だから涙が出る程有り難い






では、彼らがいとも簡単に持っている精神障害者手帳2級は、「発達障害」のどのカテゴリーだ?

実は知的障害で貰って、体面上悪いから「発達障害」と言ってしまいました、と言うのだろうか。

このリストを見て、彼らがどの診断を受けて2級の手帳を貰えるのか誰か分かりますか?






私にはさっぱり分からない。
先日拳銃強奪事件を起こした青年も精神障害者手帳2級を持っていたそうだ。

手帳を持っていたと言う事は、病院に行っていたのに、なぜ薬を止めてしまったんだ?

薬さえ飲んでいれば、こんな事件を起こさなかったのに。






私は精神障害者手帳を批判しているのでは無い。
それどころか、私たちのアイデンティティーを表すモノだし、自己の保全に最も役立つモノ。





その素晴らしい精神障害者手帳2級をせっかく受領出来たのに、手帳を持っている相手に対して、
「あなたは本当は発達障害です」とか、
「本当は発達障害だから薬は飲まないで治るんです」とか、
「薬を飲み続けると薬漬けになって廃人になっちゃいますよ」とか煽る人間を許せない。






彼らの目的は何か。






社会不安を作るために敢えて煽る愉快犯」としか思えない。嫌な奴らだ




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

ICD10 国際疾病分類 [ICD10]

LORNA1.jpgIMGP6217.jpguta1.jpg
ICD-10とは日本だけで無く医学に於いて、どの様な診断名を付けるかの
世界的基準になっている分類です。

これだけ多岐に渡り、さらに詳細まで分かれています。
医師が膨大な情報を頭の中に修めているのか良く分かります。ですから、
幼時に言葉が遅かったと言うだけで「自閉症だった」と勝手に素人判断する事が
如何に愚かな行為である事が分かると思います。


ICD10 国際疾病分類第10版(2013年版)

1 A00-B99  感染症および寄生虫症
2 C00-D48  新生物<腫瘍>
3 D50-D89  血液および造血器の疾患ならびに免疫機構の障害
4 E00-E90  内分泌,栄養および代謝疾患

5 F00-F99  精神および行動の障害
     第5章 精神及び行動の障害 (F00-F99)

    F00-F09 症状性を含む器質性精神障害
    F10-F19 精神作用物質使用による精神及び行動の障害
    F20-F29 統合失調症,統合失調症型障害及び妄想性障害
    F30-F39 気分[感情]障害
    F40-F48 神経症性障害,ストレス関連障害及び身体表現性障害
    F50-F59 生理的障害及び身体的要因に関連した行動症候群
    F60-F69 成人の人格及び行動の障害
    F70-F79 知的障害<精神遅滞>

    F80-F89 心理的発達の障害
      F80 会話及び言語の特異的発達障害
         F80.0 特異的会話構音障害
         F80.1 表出性言語障害
         F80.2 受容性言語障害
         F80.3 てんかんを伴う後天性失語(症)
            [ランドウ・クレフナー<Landau- Kleffner>症候群]
         F80.8 その他の会話及び言語の発達障害
         F80.9 会話及び言語の発達障害,詳細不明
      F81 学習能力の特異的発達障害
         F81.0 特異的読字障害
         F81.1 特異的書字障害
         F81.2 算数能力の特異的障害
         F81.3 学習能力の混合性障害
         F81.8 その他の学習能力発達障害
         F81.9 学習能力発達障害,詳細不明
      F82 運動機能の特異的発達障害
      F83 混合性特異的発達障害
      F84 広汎性発達障害
         F84.0 自閉症
         F84.1 非定型自閉症
         F84.2 レット<Rett>症候群
         F84.3 その他の小児<児童>期崩壊性障害
         F84.4 知的障害〈精神遅滞〉と常同運動に関連した過動性障害
         F84.5 アスペルガー<Asperger>症候群
         F84.8 その他の広汎性発達障害
         F84.9 広汎性発達障害,詳細不明
      F88 その他の心理的発達障害
      F89 詳細不明の心理的発達障害


    F90-F98 小児<児童>期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害(追記ADHD)
    F99-F99 詳細不明の精神障害

6 G00-G99  神経系の疾患
7 H00-H59  眼および付属器の疾患
8 H60-H95  耳および乳様突起の疾患
9 I00-I99   循環器系の疾患
10 J00-J99  呼吸器系の疾患
11 K00-K93  消化器系の疾患
12 L00-L99  皮膚および皮下組織の疾患
13 M00-M99 筋骨格系および結合組織の疾患
14 N00-N99 尿路性器系の疾患
15 O00-O99 妊娠,分娩および産じょく<褥>
16 P00-P96 周産期に発生した病態
17 Q00-Q99 先天奇形,変形および染色体異常
18 R00-R99 症状,徴候および異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの
19 S00-T98 損傷,中毒およびその他の外因の影響
20 V01-Y98 傷病および死亡の外因
21 Z00-Z99 健康状態に影響をおよぼす要因および保健サービスの利用
22 U00-U99 特殊目的用コード

Scan0069-2.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

発達障害ランキング
にほんブログ村