SSブログ
発達障害の定義 ブログトップ
前の3件 | -

アメリカでのADHDと自閉症 [発達障害の定義]

pexels-andrea-piacquadio-3812731.jpg

ADHD、ADHDほど分かり易く身近に数多く居て、その障害の状態を説明されるとすぐに、それに
当てはまる人が思い浮かぶのがADHD。






その瞬発力は、身体の動かし方にも現れるから、スポーツ選手にも多いし、分かり易いハズ。






そんなに分かり易いADHD。ADHDと表現する事が、最も直接的で理解に繋がるのに、日本では何故か
「発達障害の」と冠詞が付く。






ネットニュースでも、小島慶子が自身の事をADHDと明確に表現していても、ライターは意図的に?
見出しを「私が発達障害と診断された時」とか書き換え何とか発達障害にすり替えようとする。

一種のフェイクニュースだね。






このADHDをどうしても発達障害にしたいと言うのは日本だけの特殊な状況で、なぜ発達障害にしたいのか
不思議でしょうが無い。






ネットニュースのライターが根拠にしているのは、DSM-5。これは「病名・用語翻訳ガイドライン」。
チック症、知能障害、ADHD、自閉症等含み発達の障害としていて、生まれつきの障害と言う概念






この概念を知っている人が小島慶子の記事の見出しだけを読めば「この人知能障害?」とも、
受け取られ兼ねない。






小島慶子はきちんとした医師の診断を受けた様だが、医師の診断を受けたなら書いて貰った診断書
には、「ADHD F90.1 多動性障害」とか書かれているんだ。
そして、その基準はICD-10を使用。これは「疾病及の国際統計分類」と言うモノで、
F90番台は、F90-F98 小児<児童>期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害 と言う。






つまりどうしてもADHDに冠詞を付けたいなら「行動・情緒障害」となる。知ってた?






ライターは何書いてもイイのか?こんなデタラメ書き続けていてイイのか?






米英のマスコミ報道を見ると、ADHDはADHD、ハイパーとして確立されていて、日本で見られる米英
マスコミ報道を見る限り、ADHDと自閉症アスペルガーを発達障害と言って混同する様な報道を
見た事が無い。






マスコミがまともで、キチンと医学上の問題として捉えているんだね。






しかし、日本では医学を無視して、文科省が率先して誤解させる様な情報をマスコミに流しているんだ。
2019年になって改めて文科省のデータの確認を取ったら(51ページ中程参照)、
厚労省とも医学とも齟齬は無かった。
問題は、文科省の発表に依るととイイながらデタラメを流すマスコミライターと分かった。)

Scan0069-2.jpg


誰かが、そうしたいからそうなっているんだろうし、そうする事を許されてるんだな。






大体本当にADHDの子供達の事を真剣に考えているのなら、数が多いので、多くの成功例
教師達の手にあるはず。
その情報を統合し直す事で、よりADHDの子供達にとって良い環境が提供されるはずだ。






特に、ADHDはキチンと「心」を持つ普通人の子供。だから自閉症の子供よりより繊細な対処
必要になってくる。上手く行けば将来の経済的成功も大いにあり得るのだ。






一方「心」を持たない自閉症は、一般的な「ヒト」正常な人とは異なる。
だからこそ、ミソクソ一緒まぜこぜの訳の分からない日本製発達障害の区分けでは無く
キチンと自閉症を排除して対策を立てなければ、間違った対応ばかりを取る事になる。






医学的には、明確に
F80-F89「心理的発達の障害」(自閉症を含む)と、
F90-F99「行動及び情緒の障害」(ADHDを含む)とに明確に分けられているし、
実際、アメリカではマスコミも全く同一視する事無く別物として扱っている。






何故日本だけが、こんなバカげたカテゴリー発達障害一部の教育関係者だけが執着するのか。






そのヒントは、私が創価学会のグループから連続してスラップ訴訟を起こされた時の、
その当事者の発言の中にある。






私は、
慶応大学を卒業したとされる花風社代表 浅見淳子(旧姓 香川淳子) 
上智大学外国語学部ドイツ語学科教授 浅見省吾 による名誉毀損裁判(民事)
                        及び名誉毀損刑事告訴
中京大学 現代社会学部 コミュニティ学専攻 発達心理学教授
アスペエルデの会CEO
JDDネット 理事
内閣府障害者施策審議委員     辻井正次 による名誉毀損裁判(民事)

に民事2件刑事1件合計3件のスラップ訴訟を連続して起こされ、お陰で生活は破壊された。






その過程で、中京大学教授、アスペエルデの会のCEOである辻井正次氏より、

「チップさんアナタはこの10年一体何をやっていたのですか。少なくとも私は、皆と一緒に
情緒級を特別支援級に名前を変えさせたのです」と、恫喝された。






私が何をやって来たのかと言われても、私はただ自閉症の当事者として、なんとか仕事をして
やっとこさ暮らしていただけだ。強いて言えばスラップ訴訟を起こされましたと言う事と、
生活基盤が無くなりましたぐらいだ。






だれも情緒級の名前を変えてくれと頼んだ覚えも無いし、情緒級が特別支援級になった所で、
何の価値も見出せない






それどころか、情緒級を特別支援級に名前を変えさせたいが為に、ニキリンコや泉流星を
医師の診断を受けた事が無い事を知りながら自閉症の当事者と紹介したり、アスペの当事者と紹介したり、
彼女たちの口から出任せの、嘘の心理状況や、対処方を書籍や講演会で日本中に広めた事の方が
余程罪が大きいと思う。






障害者施設や、精神科の病院受付には今でも、ニキリンコや泉流星の書籍が並んでいるのだろう。

専門医でなければ、精神科の医者もこういう本をも参考にする。そして、診断書を書くか書かないかは
分からないが、口頭で「アナタはアスペかも知れませんね」と、ニキリンコの症例に照らし合わせて
話すかもしれない。






それでも、彼らの目的が、F90-F99 情緒障害 と言う項目の言葉狩りが目的ならば、
この今の流れは非常に良く理解出来る。






公明党が与党になってから始まった訳の分からない発達障害ビジネスと特別支援級への移行。

皆、現世利益で動いて、日本独自の「発達障害」と言う新たな価値を創りだす。
それこそが、皆さん。と言っても日本の3%のある人たちの願いなのか。






そうして、自閉症の子供が壊れ、本当の学習障害の子供は放置され、
教育者は失敗無き障害者教育と言う自身の成果だけが何故か残るのだ。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

消えたLD学習障害 [発達障害の定義]

pexels-alesia-kozik-6842434.jpg

LD この名前だけは聞いた事があると思います。
LD 本来この単語は学習障害と訳され算数や国語等の学習について特異的な障害を示す意味でした。
LD それが、知らぬ間に知能障害を示す事に。
LD つまりLDとなればすべて、白痴魯鈍知恵遅れ精神薄弱精神遅滞知的障害知能障害となりました。
LD ずいぶん昔から定期的に行われた言葉狩りはその団体の会長の子供が知能障害である為だそう。
LD せっかく知能が高いのに、学習障害という障害があるために適切な教育を受けられない。
LD 医学的解明も診断も可能なのに、2000年発達障害と共に宣伝されてきたのに実態は誰も知らない。

LD ホンモノの障害者は20年間放置されて来ました。
LD ついに業を煮やした親たちが立ち上がりました。






最近は専門学校を入れると進学率が8割ですか?ほぼ全入ですよ。私 の実感からすると、ホンモノの
LDは程度によりますが1割前後居ると考えています。そうなると、実は知能障害の子供より
LDで悩んでいる子供の方が多いのです。なぜこれ程分かり易い障害、それこそ素人でも
注意深く観察すれば分かる障害を、教師達は見過ごして来たのでしょうか。






やはりそこに意図的なモノがあるのか。彼らの高い内申点や、得意科目の順位は、他の教育熱心だが
勉強が出来ない他の子供に回し、高校進学に優位になる様な調整に使うための貯金の様なモノか。






実は、私の妻は中学時代ボーっとしてたし大工の娘で進学に熱心じゃ無いと見透かされたか、当初
とんでもない高校をあてがわれた事があるのです。どう考えても変だと気付いた友人に促され、
教師に聞きに行くと、教師は謝るでも無く、しぶしぶ成績相応の学校への願書を用意してくれた
そうです。教師はそういう「配慮」「忖度」をします。

彼ら学習障害の子供の良い成績の部分だけは「忖度要員」として使われているのでしょうか。






団塊の世代では、LDの多くが中卒で実業に入り、だからこそ優秀な人材が現場に溢れ、
優秀な「職人」が豊富にいました。






私の世代は現場で、この実力主義で腕一本で身を立てた熟練の職人さんに本当に助けられて来ました。
その彼らも今では隠居です。






その団塊の世代の子供達、何と言いましょう、イチゴ世代かそれとも金八世代か。彼らは、私たちより
さらに学力による精密な選別が行われたので、学習障害であればどんなに知能が高くてもバカ扱い。
知能と学力がアンバランスであればある程荒れて、男はヤクザ、女は風俗に行くしかなかったのです。






中には立身出世、財を成した人も居るでしょうが、多くは幼い子供時代の屈辱を胸に、自分のハンデが
バレない様にビクビクしながら今でも暮らしているでしょう。






障害と明確に診断を受ける事が出来る世の中なのに、その存在自体を認められず、進学する十分な
知能があっても、障害の部分を認めて貰えない、あるとすら認識して貰えない。20年間
どこかの団体が学習障害を広報し続けた現状が、現場の教師が言葉を知っていても、
その障害に対してどの様に対処して良いか、前例がないから出来ないという思考停止






これが、G7と言われる先進国の日本の状況です。日本には学習障害が居ない
んですか?
政府の要人は何やってたんですか?ニセ障害者のアリバイ作りですか?
東京都より人口の少ない小さな国にも遠く及ばないのが、日本の教師の、文科省の認識なのです。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

実例 算数能力の特異的障害 [発達障害の定義]

pexels-dziana-hasanbekava-7063762.jpg

女の子は大体算数が苦手の子が多いモノですが、九九の暗算を小学低学年から始める様に
日本で教育を受けていれば、まあそれなりに足し算かけ算が使える様になります。
その教育プログラムはそれこそ江戸の昔から脈々と培われてきたもので、実績があります。






だから、簡単な暗算は出来て当たり前。しかし、そんな中で暗算が出来ないとどうなるか。






どんなに知能が高くても、他に才能があっても特別支援校(支援級・特殊学級)です。
教室では話の合う子は居ないし興味の対象も合いません。自分の立ち位置に疑問を持ちながら中卒で社会へ。






生まれて初めてのアルバイトと言えばウエイトレス。ウエイトレスはただ品物を運べば良いだけじゃ
ありません。伝票に書き込み、お金を貰いおつりを渡す。






この時、暗算が出来なければどうなるか。






電卓で計算しなければなりません。しかし、算数の障害をもっていると電卓も上手く使えず時間が
掛かる。さらにオーナーは急かします。電卓も上手く使えないから、コンビニでも働けません。






お金を扱わないお店や工場で働くにしても、残業の計算や、品物の個数の計算や中小企業であれば
ある程現場で働く人が、機転を利かせて暗算しなければ仕事になりません。

何か数に関わるたびにもたもたしていると、そのうちクビになります。






見た様子ではとても知能が遅れている様な様子は無いのに、数字が絡むと何にも出来ない。つまり、
バカに見えないけどバカと見なされてしまいます。






結局、「私はウエイトレスも出来ないバカだから風俗しか出来ない」となってしまいます。






病的に算数能力に障害があると言う事はこういう事です。生まれつきの知能障害でそのレールに乗って
いれば今頃は生活保護か障害者年金を貰えたかもしれません。






普通に数学が苦手と言うレベルでは無く、算数能力の特異的障害
(ICD-10・F81.2 算数能力の特異的障害)とはこういう事なんです。
これが本当ホンモノの学習障害 LD と言う事なんです。






この障害を持つ子供は支援の手には全く掛からず、支援の可能性がある事も知らず暮らしているのです。
ネット上の自称LDのシアワセ生活では無いのです。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の3件 | - 発達障害の定義 ブログトップ

発達障害ランキング
にほんブログ村