SSブログ

熊沢英一郎君の事件 [事件]

45.jpg

象徴的な事件が起きた。



川崎カリタス学園の子供達が刃物で切りつけられ犠牲者が出た。犯人は岩崎隆一(51才)。

今度は逆、外で隔絶して暮らしていた息子が家へ戻って1週間。その暴力と将来を悲観して
父親が息子を殺した。死んだのは熊沢英一郎(44才)。




特にカリタス学園の事件は無差別殺人だから、皆他人事じゃ無いと同情を誘っている。



私はこの手の事件が起きた時、被害者を同情するのも当然だが、事件を起こした当事者
そしてその当事者と密接な関係にあった家族の立場、状況を考えると、その家族にも
非常に同情してしまう。




岩崎にしても熊沢の父にしても、人を殺すまで追い詰められた。その前に何か出来なかったのか。




特に熊沢英一郎(44才)は年齢にしても発言にしても非常に日本の現在を象徴している。
つまり、こうである。



「肉体は健康だが脳は生まれつきアスペルガー症候群だし、
 18歳で統合失調症という呪われた身体」





この考え方は、創価学会のグループが続けてきている宣伝活動が見事に実を結んだ考え方。

「私は発達障害で感覚過敏で生きづらく、幻聴もありますがアスペです」
「自閉症にはこう見えています。」








自閉症、自閉症スペクトル、アスペルガー症候群と統合失調症の違いが医学的に明らかに
なったのにも関わらず、
病識の乏しい統合失調症の患者「発達障害」思い込む様な
大量のマスコミ情報とネット情報。
統合失調症との意図的な混濁。






熊沢英一郎(44才)はその情報操作の犠牲者であり、その父は被害者なのだ。




どちらも本当に痛ましい事件だ。忘れてはいけない。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

熊沢君2 発達障害と事件  [事件]

45.jpg

お父さんに殺された熊沢英一郎君44才

自分でアスペルガーで統合失調症と自己診断していた。

こども時代も学校でひどく虐められていた様子が伝えられた。






こう言う話を聞くと、精神科医が不勉強なのか、精神科医がキチンと指導しても、
統合失調症の特徴で、勝手に自分の病気を決めてしまったのかは分からない。






ただ、虐めの嵐に晒されていた事は間違い無く、この時に教師や精神科医が、
この書籍の様な知識を持っていたら、事態は違っていただろう。






荒れた熊沢君を両親はどうにもしようが無かったのだろう。親子関係、アダルトチルドレンで有名な
斉藤学先生は、苦しむ親に対して「とにかく逃げなさい。そして断絶しなさい。彼らに任せなさい」
というアドバイスを実践していたから、同じ様な手法を取り別居していたのだろうか。






しかし、ゴミの問題が居住地で発生し家に戻ってきた。これが悲劇の引き金になった。

私の統合失調症のイトコもそうだったが、ゴミに対して奇妙な事を始める所から、問題が発覚する。






例えばゴミ屋敷なんかそうだが、間違い無く精神病の問題なのに、ワイドショーでは
おもしろおかしく取り上げる。行政も同じ様な見方しかしないから、誰も救われない。

熊沢君が統合失調症と自覚していたのに、ゴミの問題が出だしたと言う事は、その頃には
薬を勝手に止めていたのかもしれない。






事件が起きると、一斉に親族、親の話が出る。さらに周辺、同級生事情通の話で持ちきりだ。






しかし、それでも選挙は迫る
創価学会の方針通り、言葉狩りの為の「発達障害」を主語にした記事がまたネット上を賑わす。

事件の時は、あれ程親や同級生の話を載せるのに、「発達障害」の記事に載る自称発達障害の話は、
100%自称当事者の話だけ。絶対、親から見たエピソードだったり、友人の話だったり一切無い。
せいぜい、迷惑を掛けられたと言う同僚の話だが、その話も発達障害と言う事を前提にした
作り話としか思えないリアルじゃ無い話だ。






変わり身が早いと言うか、物忘れが激しいと言うか、それともやはり愉快犯なのか。






モラルの無い人にはどうしようも無い。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

熊沢英一郎君の事件3 控訴 [事件]

45.jpg

熊沢英一郎君が殺された事件で、父親の英昭氏に懲役6年の実刑判決が出た。






控訴せず、その後保釈が認められた事から見ても、英昭氏は、残りの人生を懲役で過ごす事で、
自身の罪を償おうとしているのは明らかだった。






しかし、弁護士が英昭氏と相談し控訴を説得。英昭氏も了承したとの事で後日控訴した。






私は嬉しかった。控訴したという事は、さらに裁判の過程で事件に至る経緯、考え方、家庭の雰囲気、
その生活の中での苦悩。全てを明らかにする事である。
これは、英昭氏にとって刑に服するより苦痛を伴ういばらの道だ。それに挑む事も止む無しと
したのだろう。






この事件は、日本の全てを含んだ象徴的な事件だと私は考えている。

1. 息子は中学2年で既にいじめに遭っている。
2. 息子は不登校の道を選んだ。
3. 幾つかの医療機関にも頼っている。
4. 「そっとしておく」「逆らわない」
  当時から常識の様に言われてきた根拠なき都市伝説を言われるまま従った。
5. 医者が統合失調症とアスペルガー症候群の見分けが出来ないのに憶測で診断している。
6. 精神病が悪化しているのに、それに対応する術を持たなかった。
7. 結果家庭が崩壊を始めた。
8. 家庭の崩壊の果て、娘を自殺という形で失った。
9. 後に統合失調症の診断を受けても、本人も「アスペで統合失調症」と
  勝手な判断をしている。それによって服薬していたか疑わしい。

結果事件になった。






では、英昭氏は控訴せずそのまま刑に服すれは良かったか? 絶対違う。

英昭氏は今は加害者だが、被害者でもある。
家庭内暴力にあって被害者になれば良かったのか。   違うだろう
家庭は崩壊し、娘は息子に殺された様なモノだ。






統合失調症をやすやすと見逃した医者はどうなんだ?    罪が無いとは言えない
自閉症と統合失調症のまちがいを指摘している文献もあるし、日本でも出版されている。






自閉症を何とか「発達障害」という名称にすり替えようとして
さらに、それに統合失調症の症状を重ね合わせ、せっせとフェイクニュースを
作って流している集団はどうなんだ?                  


罪深いだろう





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

Wの悲劇 熊沢君4 [事件]

45.jpg
2022年4月8日更新

皆さん、自閉症或いはアスペルガー症候群の事を知っているだろうか。

ここへたどり着く人ならその名称はもう知っているだろう。

しかし、熊沢君が「アスペルガー症候群では無いか」と言われた頃は、
ニセの自閉症、自称アスペルガー症候群の診断を受けたとする「ニキリンコ」の書籍が
精神科病院の待合室に置かれていた頃だ






その内容の「ウソ」は、ニキリンコを信じ切っていた親が、後に気付いた過程を
記述してくれたから読んで貰いたい。






その書籍を「表現の自由」を根拠に出版しているのが、花風社
代表は、以前WAVE出版社員だった浅見淳子

そのWAVE出版は、創価学会100%出資子会社。






皆さん、統合失調症という病気を知っているだろうか。
発達障害よりも遥かに患者数が多いのに、その病名もどんな症状が起きるかも全く知られていないし、
何よりその事はマスコミの話題に一切昇らない。






ライ病が、隠すことで無かった事にされた様に、統合失調症も無かった事にされている。

本当は、
正常な人であれば、誰でも発症する可能性がある精神病なのだ。






薬も飛躍的に良くなり、服薬で多くの患者が良くなる統合失調症






一方、「サプリで統合失調症が治る」と主張する医者も居る。それを真に受け服薬を止めた患者も
知っている。

不思議な事に、そんな本を書いた神田橋先生が出版しているのが花風社






自閉症を詐称している人物が、書籍の中では診断済み当事者として書籍を出版。

サプリで統合失調症が治ると主張している人物が、やはり書籍を出版。






これらの書籍を出版するのは、どちらも花風社

花風社の代表者は、創価学会100%出資子会社の元社員

そしてその人がこの私を「表現の自由は無い」と名誉棄損で訴えた、浅見淳子
                        上智大学教授 浅見省吾だ。






彼らの目的は一体何なんだろう。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

控訴棄却 熊沢英昭氏 [事件]

45.jpg
2022年4月9日更新

2021年2月 熊沢英昭氏の控訴審が結審した。地方裁判所の求刑通りとなった。






控訴審の公判の様子は全く報道されなかった。何故なら、その公判内容に目新しいモノも見つからず、
野次馬的興味を引くような話も出ず、盛り上がりが欠けたまま終わったからだろう。






ダイヤモンドオンラインのネットニュースでその一部が窺い知れるだけで、確かに盛り上がりに欠ける。






私が失望したのは、弁護団のセンスの無さ。
控訴するに際して事前の対策を立てていなかったのだろうか。なんと正当防衛を主張した。
実刑に対して無罪を主張することで刑の軽減を狙ったのかもしれないがそれに意味があるだろうか。






私は熊沢英一郎君の主治医の誤診医療過誤を明確に主張して、その事によって起きた悲劇である事を
正々堂々主張して、僅かでも情状を勝ち取って貰いたかった。
自分の名誉毀損裁判の時には、何の具体的な抗弁も言えなかったのに他人の話では偉そうだが、
これは本当に自閉症の特性そのモノで、自分に価値が無いから自分の事はヘロヘロになってしまうが、
他人の事は別人の様に理路整然と弁護できるのが本当に不思議なんだ。自我が希薄だからね。






話が逸れたが、熊沢英一郎君の主治医は母方の親族と聞いた。ただでさえ迷惑を掛けた熊沢英昭氏
これ以上母方の親族に汚名を着せてはならないので、今回の顛末となったのだろう。





しかし、同様の悩みを抱えている60万とも600万とも言われる8050問題を抱える家族。彼らの為にも
事実は事実として明確にして貰いたかった。






かれは、発達障害と誤診を受けその後の統合失調症のキチンとしたケアを受けられなかった。
統合失調症が悪化してくると、物事の統合が壊れ始めゴミを、無価値で捨てるべきモノとしてでは無く、
なにがしかの意味を持ち始める。そうなると部屋の中に、価値がある「ゴミ」がたまり始める。
或いは、ゴミの選別も、価値ある「ゴミ」になってしまうと、規定の選別方式とは異なる選別をし
異なる捨て方を始めたりする。






事件記者が事件を取材するにも、そんな素養を持たなければ、肝心な取材を取り損ねる。






裁判では発達障害の関連団体が、発達障害だから殺しても良いと言う風潮が恐ろしいと言う主張の
声明を発表したらしい。私にしてみれば、自閉症・自閉症スペクトル・アスペルガー症候群と
統合失調症は全く別もので、それが混在していること自体が大きな間違いと誤解を生むと声明を
発表して貰いたかった。
この自閉症と統合失調症の誤診問題は国立精神・神経医療研究センターでかかりつけ医用に
セミナーが催されて注意を促しても、一般の人、或いは当事者としてSNSで発言している人には
殆ど知られていない。






熊沢英昭氏も妻の実家の家名にこれ以上キズを付けられないと、医療過誤の責任を主張する事は
出来なかったのだろう。






やはり人間の中でも最も優秀で、その優等生として生き抜いてきた人の配慮がこの結果なのだろうな。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

発達障害ランキング
にほんブログ村