SSブログ

自閉症の特徴をもう一度 [自閉症の定義]

先日東洋経済のネットニュースで自閉症は10人に1人と言う話になっていた。
10人に1人ならインフルエンザに罹患している人より多い。
最も分かり易い自閉症の特徴に、指さしが分からない(分からない人が多い)
という事がある。 追記:共同注視が出来ないと言う事


だから、あれっ何?と公園で空を指差したとき、見当ちがいの方向を
あてどなく首を回して探している様な人は非常に怪しく素質十分。



現実には、殆どの子供、大人が誰かが指差した方向を難なく見るから、
その比率がガセネタと言う事がよく分かるだろう。



10人に1人なら、ゴジラ映画のみんなが同じ方向を見る場面が成立しなく
なってしまう。
1000人のエキストラなら、100人はあらぬ方向を見なきゃリアルじゃ
無くなっちゃうからね。




文科省が発表している発達障害の生徒の比率の数字があるはずなんだが、
この数字の根拠は無いと言っていい程希薄で、
2000年前後に創価学会のグループ
教職員有志のアンケート扱いづらい生徒」について
回答を得て、それを基に「発達の障害の可能性がある扱いにくい生徒」
と言うのが、確か10人に1人



その数字が、孫引きの孫引き。
加工の上の加工を重ねていつの間にか文科省が発表する事になった。

文科省が発表する位だから、おそらく補足として、医学的根拠は無いぐらいの
小さな、誰も気が付かない位の補足が付いている筈だ。



とにかく、「文科省の数字によると」と言うマスコミも、その数字の出所や、
調査の精度や根拠まで調べないから、錦の御旗としての数字が一人歩きしている。

働き方改革、外国人研修生の時のデータと作り方は全く一緒だ。



実はこの「創価学会発文科省型発達障害」(リンクを必ず見てね)の宣伝には、医者も協力している。
根拠はDSM-5と言うのが決まりで、
医者の中には好んで或いは意図的にやたらとDSM-5を強調するし、
マスコミも記事中に必ずDSM-5を持ち出して「発達障害は10人に1人」と大げさに書く。

そしてその内容は自閉症の話
誰もが自閉症が10人に1人と勘違いする様な記事だ。




では、DSM-5って何?と記事を読み進んでも誰もハッキリ書かない。



DSM-5とは、医者が論文を書いたり、或いは民間人が論文を翻訳する時に、
ミンナ勝手に思い付くまま翻訳してしまうと混乱してしまうので、
なるべく統一しましょうと言う取り決め。
「DSM-5 病名・用語翻訳ガイドライン」と言うモノなのだ。



この中で、確かに知的障害も自閉症も運動障害もADHDもチックも皆
発達障害と言うカテゴリーでくくり表現されているが、これはあくまで翻訳家が
「生まれつきの障害」を勘違いして記述しない様にするためのモノ。



「精神病の中で生まれつきの障害」「発達  障害」としているだけだ。
これを基準に医者が診断を下す訳では無い。 異議があるお医者さんは是非コメントを下さい。





精神的に問題を抱えた患者が病院へ来る。
問診をしたり、経過を見たり、その他の様子を窺いながら、医学上の診断基準
 ICD-10 を見ながら診断範囲を狭めて行く。



いよいよ自閉症が怪しいとなると、テストを受けさせる



この自閉症のテストは、ウタフリスやバロンコーエンやハッペやウイングが
長年掛かって探り当てた自閉症の特性を、ものの見事にあぶり出すテストだ。
ホントにビックリするよ。



このテストがあって初めて明確に自閉症、アスペルガー症候群が初めて理論的に
現実的に定義出来る事になり、間違いが少ないと証明されたので、
医学学会でも判定基準と認められた



だから、診断を受けずに「私はアスペです」と主張しても
「病院行ってテストを受けてから言え」となる訳だ、



自閉症は医学的な問題であるから、先ず医学的根拠を基準にして、
教育的配慮はそれに応じた配慮が必要と私は考えている。



だから自閉症の発生率についても、
ウタフリスが英国で行った医学的な大規模疫学調査、つまり、


自閉症児は600人に1人の数字を最も信頼し基礎としている。

Scan0069-2.jpg

創価学会のグループ扱いづらい子供達のアンケートを取り数値化したが、
この手のアンケートは、遙か昔から、欧米でも盛んに行われ医学論文となっている。




それは、子供の状況が細かく語られている。




35人のケースのうち、8人は
「学校中のみんなが、その子が、風変わりで、奇妙で、変な子だと気付いていた」
12人は
「繊細で、恥ずかしがりで、内気で、消極的だった」
10人は
「ちょっと性格的問題があった」
残る5人は
「まったく普通に見えた」

別の調査では「ひきこもり、無感動、受動性」であると言う。さらに、
「運動発達遅滞、協調運動機能の拙劣、奇妙な歩き方発語の遅れ」がみられる。

別の調査では「非社交性」が見られる。

別の調査では「非社交性は男児には見られず、女児のみの特徴」であると言う。

別の調査では「文を話し始めるのが遅れ、読書の習熟がおくれる」

別の調査でも「会話、言語、読書の領域で」発達的問題が高率に発生。

別の調査では「反応の鈍さ、視線を合わせないこと、肯定的感情表現が少ないこと、
      協調運動の拙劣」が目立っていた。

別の調査では「いつもおとなしく恥ずかしがりで、ひきこもりがちで、神経質で、
      怖がりで、自信のない」子どもだった。
別の例は「明らかに普通の子どもがするよりずっと長時間、自分の指をいじって遊んでいた。
‥‥‥そして、一人ぽっちで臆病だった」

別の調査では「心理・運動機能が遅れており、より孤独で無口、より繊細、
      脅迫的依存的、神経質」

別の調査でも「追従的、繊細、深刻に悩む、従順で優しい、依存的、
      静かで恥ずかしがり、神経質」

別の調査の小学生時代「恥ずかしがりで、ひきこもりがちで友達も少なく、
      非社交性。別の患者は、
      つねに攻撃的で、論争的で、奇妙な行動をした。また学習障害
      神経学的機能障害の徴候も多く見られた」






ここまで、辛抱強く、分かり切った様な話を読んで頂き本当にありがとう御座います。





このブログを読みに来るような人であれば、何を今さら、しつこいとお思いでしょうが、
ここから先が、ちょっと、ピリッと締まる話になります。





IMGP6267.jpg

上記で羅列した論文は、すべて「ふたごが語る精神病のルーツ」という書籍から
書き起こした文章です。



この論文集のうちの、書き出した部分は、書物内では分裂病「統合失調症」
罹患した患者の子ども時代に遡って、調査した論文なのです。





つまり、これらの子どもの症状は、「統合失調症」の子ども時代
症状集なのです。




日本で言われている、ネットで振りまかれている「自閉スペクトラム症」
或いは「発達障害」として言われている症例と全く同じだと思いませんか?



これは米国でも同様であるようで、
しばしば自閉症を一緒にしてしまって混乱することもある」と明記してあります。




日本の状況は逆で、「統合失調症」である事は見ないように、
逆に統合失調症の症例を自閉症に寄せ、「なんでも発達障害」で
ひとくくりにしようとしている様に感じられます。




この状況は、本当に不思議でしょうがないのですが、
日本の一部の医者が実は自閉症と統合失調症の子どもとの
見分け、診断が出来ていない(出来ない?のかも知れません。




とにかく、日本が自閉症児にとって特殊、異常な状況にある事だけは知っておいて下さい。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント


発達障害ランキング
にほんブログ村