So-net無料ブログ作成

山岸 徹 講演録4 [都通研]

2004年7月8日 東京都障害者通所活動施設職員研究会 第2回研修会 講演録4
                                    2010/08/12訂正
この文章は再三のブログ強制削除の対象になったりスラップ訴訟の訴因にも取り上げられた文章です。
調停内容に従い内容を訂正し、さらに分かり易く解説する事にします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Scan0060.jpgScan0056.jpg
アスペルガー症候群や、自閉症の原因は
SAMに欠陥があることなのです



・・・つづき



これを、アスペルガー障害と言っても、高機能自閉症と言っても、
どんなに言い方を変えたとしても
自閉症と言うならば必ずSAMに欠陥があり

SAMが完備した自閉症というのはあり得ません






これは、大学教授と言えども理解していない人間がいますので、
私はこの場で皆さんに直接説明出来るかと思うと本当に喜びました






最も今小中学の教師よりも、大学教授の方が多い
と言うことでしたから、
現場で子供に直接触れている皆さんのほうが、******************************
遙かに理解出来る素地があると希望を持っています。
(注:裁判では下記の様に改ざんねつ造された上で訴訟の証拠とされます。
   村木厚子さんが創価学会グループに冤罪で訴えられた手口と同じです。2019/11/05)

Scan0053 (2).jpg

ではそのSAMとは何か

パソコンを例に説明します。 

Scan0051.jpg
キーボードからデータ「1824」がまずワーキングメモリに入ります。

このデータは重要ですから、ハードディスクに保存しなければなりません。
そこで、CPUはハードディスクに「1824」を書き込みなさいと命令します。


昔のパソコンはノイズに弱く、しょっちゅうデータが化けていました。
今度は、ハードディスクに今書き込まれた情報をもう一度呼び出します。
そのデータは、「****」です。

このデータは、「1824」でなければなりません。
そこで、ちょっと冷静な自分
つまりSAMが代わりにチェックをします

「1824」から「****」を引き算すると=0
つまり、うまくハードディスクに書き込みが出来ました。
0でないときは、もう一度初めから繰り返します。


この一連の動作の中で行うチェックのことを、SAMチェックと言い、
(2019/11/05注記:パソコン上のコマンドはSUMであるが、
 その機能行為はコーエンの理論と同様なので便宜上使用)


すべての人間
例えその子がダウン症であったとしても
生まれつき目が見えない子であっても
脳内には、すこし離れて冷静に見つめる自分
つまりSAMがきちんと存在するのです。



つづく・・・



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント


発達障害ランキング
にほんブログ村