SSブログ

一卵性親子 [私たちの生育歴]

長女と結婚した義兄が「カーコちゃんとお義母さんは一卵性親子だね」良くそう言っていたが、
当時の私にはサッパリ意味が分からなかった。






それから30年以上経った今なら色々思い当たる節だらけだ。

兄弟2.jpg

昨日書き忘れたが、母は戦後勤めていた教員を辞め結婚し専業主婦になっていた。長女を溺愛する母は、
とにかく長女は特別だった。何故そこまで長女に肩入れするのかは、母なりの事情がある様だが、
それは割愛。






「カーコは凄いね-、カーコは偉いねー」いつもいつも母と子供三人が集まるとこんな話だ。






当時、高度経済成長直前で休日は日曜だけ。サラリーマンの父は忙しく働き、家庭と言えば子供三人と
母親だけの閉ざされた世界だ。






「カーコは凄いねー」母は長女の教育には慎重で頭ごなしに叱るのは我慢していた様だ。その証拠に、
長女だけがハシの使い方をキチンと躾けられていない。






その反省か、タガが外れたか、衝動性の固まりが本性を現したのか、次女と、私に対しては容赦なしの
躾けと脅しと恫喝だ。






幼い子供に対しては、脅せば脅す程効果がある。






ひなまつりには、みんなでひな人形の飾り付けだ。長女はすぐ居なくなり、小学3年の私が、ひな壇を
組み立てあげ、次女と二人で緋毛氈を曳き、ひな人形を並べ手に手に道具を持たせ飾り付ける。
時々母が見に来て、右だ左だと指示して終わり。






飾り付けはまだいい。3日が過ぎれば片付けだ。「片付けが遅れれば嫁入りが遅れる」と言われても、
長女は全く気にも掛けない。結局次女と私が片付け役だ。これは次女が反抗期に入った頃に立ち消えに
なった習慣だ。






日曜の夕方は父も交え、一家が揃って夕食だ。
「カーコは過保護だ」父が言うと、私がカーコの代わりにすぐ否定する
「違うよ、違うよ、カーコちゃんは過保護じゃ無いよ。過保護は我が輩だよ。」
「我が輩が過保護なんだよ」家族の話は必ずそこで終わる。

ちなみに「我が輩」とは、私の自分の呼び名だ。






当時、過保護の意味を取り違えていたのだが、確かに長女は過保護で私には過干渉、次女はネグレクト
だった。






溺愛する長女に対して、私は男と言う事で父親と共通項が持てた。しかし、間に入った次女はまさしく
ネグレクトの状態。






くせっ毛なのに、手の込んだ三つ編みで、写真の真ん中にいる長女。おかっぱで放りっぱなしの髪が
爆発している次女。こんな所でも、そっぽを向いている自閉症の私。






この何気ない一枚の写真が家族の中での状態を示している。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント


発達障害ランキング
にほんブログ村